CELは、大阪ガスグループが将来にわたり社会のお役に立つ存在であり続けることができるように研究を続けています。

エネルギー・文化研究

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 大阪ガス総合トップ
  • 大阪ガス

JP/EN

Home>書籍・出版>情報誌CEL

情報誌CEL

CEL

2005.09 Vol.74「現代生活者の住まい・生活観(1)」

 大阪ガス エネルギー・文化研究所は、これまで、生活づくり・生活環境づくりのソリューション提案を目標に、生活者の視点から「住まい・生活」「エネルギー」「環境」「都市」の4つの研究領域の諸課題に取り組んできた。今年初め、当研究所では、生活や生活環境について、生活者が現在抱えている問題、期待している将来の姿や方向、それらのギャップを埋めるための方策や社会のあり方などを分析・研究することを目的として、「これからの住まいとライフスタイルに関する生活意識調査」を実施した。
 そこで、本誌74号および75号では、前号までと趣向を変えて、当研究所の所員による報告に大きな紙幅を割いて、本調査結果についての考察を掲載することにした。
 本号は、住まい・生活に関する調査結果を中心とした所員の考察と、社外有識者による生活意識調査の意義、現代生活者のライフスタイルと生活意識についての論考等で構成している。

特 集

生活意識調査の意義について

堀 啓造

現代生活者のライフスタイルと生活意識の実像

御船 美智子

【対談】今は、少子高齢化の進展によって住まいの新しいリスクと価値が生まれる端境期

豊田 尚吾
園田 眞理子

CEL的ライフスタイル試論

豊田 尚吾

住まい・生活意識に見る現実と課題-食生活関連意識の結果を踏まえて-

山下 満智子

10年後、どこで・誰と・どのように暮らしますか

濱 惠介

成熟社会へ、多様化するニーズと課題-居住をめぐる生活者の意識と行動から-

弘本 由香里

生活意識調査から垣間見る生活者と企業の関係-CSR・ISO・ブランド-

清水 英範

本の万華鏡"現代生活者の住まい・生活観"を紐解くヒント

豊田 尚吾

連載「もうひとつの都市の中へ」vol.6 風景に宿る過去の美学

松本 コウシ

その他

大阪・上町台地発 都心居住文化の創造へ(第5話) 公共的な価値創造を促すコミュニケーション・デザインへ

弘本 由香里

「住まいと生活に関する意識調査結果」の概要(前編)

真名子 敦司

時の話題 消費者団体訴訟制度の創設

三木 浩一

CEL TOPICS

CEL

FROM EDITOR

河瀬 隆

バックナンバー

お問い合わせ、お申し込みについては
大阪ガスビジネスクリエイト(株)
TEL 06-6205-4650/FAX 06-6205-4759
E-mail:CEL@ogbc.co.jp

発 行:大阪ガス(株) エネルギー・文化研究所
編 集:(株)平凡社