CELは、Daigasグループが将来にわたり社会のお役に立つ存在であり続けることができるように研究を続けています。

エネルギー・文化研究

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 大阪ガス総合トップ
  • 大阪ガス

JP/EN

Home>コラム

コラム

コラム一覧へ

2019年09月05日 by 奥田 浩二

スタートアップとのつきあいかた(8)

スタートアップとのつきあいかた(8):

ベンチャービジネスの活性化 福岡県福岡市の事例(後編)


 福岡市天神の起業拠点FGN(Fukuoka Growth Next)は5月末にリニューアルオープンしました。FGN第2幕の始まりです。

  ※本稿は、リニューアルイベント参加時の情報、FGN並びに関連するHPの情報に基づいて作成しています。


新たな熱気に包まれるFGN 

 2019年5月31日。FGNでリニューアルオープンのイベントが開催されました。その名も「fgn. “Re: Born”」。開場後5分ほどで、メインの開場は満杯状態になり、サテライト会場に人が流れていきます。主催者によると1,000人を超える申し込みがあったとのことです。会場後方には複数のテレビカメラなどが林立し、始まる前から熱気があふれています。


図表1. オープニングイベントの様子(メイン会場)

 

 

筆者撮影(2019年5月31日)


リニューアル

 建物のリニューアルでは、シェアオフィスやコワーキングスペース、イベントスペースなどが新しくなりました(注1)。また、校舎を囲っていた塀(道路との境の塀)がなくなり、オープンな外観となりました(注2)。なお、当初FGNは2棟構成でしたが、今回のリニューアルにより南校舎と呼ばれる1棟になりました。ただし、受け入れ可能企業数(個室、シェアオフィス、コワーキングの合計)は181社・者であり、リニューアル前の水準に近くなっています。
 

     (注1)リニューアルオープン時(5月31日)には、公開はされていませんでした。本情報はFGNのHPに基づきます。

          https://growth-next.com/ja/facility/ (2019年9月4日アクセス) 

 

     (注2)第6回のコラムの写真をご参照ください。ここに映っている壁がなくなりました。
          http://www.og-cel.jp/column/1280808_15959.html

   

 リニューアルは建物(ハードウエア)だけにとどまりません。運営プログラム(ソフトウエア)も更新され、下記を含む新たなプログラムがスタートしています。
 

ジャンプ・スタート・プログラム

スタートアップ企業に対して、チーム編成やファイナンス、労務、広報などに関する専門知識を各分野のスペシャリストが提供

Open Network Lab. Fukuoka

九州大学の跡地を利用したフィールド実装型スタートアップ支援プログラムとFGNが連携

 

地区の開発計画

 FGNが立地しているのは、旧大名小学校跡地の一部です。FGNを除く土地が約1万m2あります。その部分の跡地利用の計画も固まったようです。(注3)
 

     (注3)日経新聞デジタルサイト(日経電子版)の下記の記事より(2019年9月4日アクセス)
         「積水ハウスなど、福岡市「旧大名小学校跡地活用事業」が着工し「ザ・リッツ・カールトン ホテル」誘致決定」 

         2019年7月8日


 それによると、FGNと隣接する形で、オフィス・ホテル棟とコミュニケーション棟が建設され、2021年度から2022年度の稼働開始を目指しているとのことです。また、コミュニケーション棟には新たな創業支援施設も計画されています。
 
 オープニングイベントに出席した福岡市の高島市長は、冒頭のあいさつで、「まち全体をアクセラレーターにする」という思いを語りました。今回のリニューアルと旧大名小学校跡地活用計画は、まさにこの変化を実現していくものでしょう。この地区は、今後どのような価値を生み出していくのでしょうか。福岡市から目が離せません。

 次回からは数回に亘り、海外のベンチャービジネスサポート拠点の最新情報をご紹介する予定です。

 

今回のまとめ        

 ・リニューアルによってFGNは新たな活動フェーズに入りました。

 ・FGNが立地する旧大名小学校跡地利用計画も固まり、当地区は新しい一歩を踏み出しつつあります。


次回の予告


 カナダのトロントにおけるベンチャービジネスサポート拠点MaRS


スタートアップとのつきかいかた 記事一覧


   第1回:起業の現状はどのようになっているのか
      http://www.og-cel.jp/information/1278928_15932.html

 
   第2回:2つの起業タイプ
      http://www.og-cel.jp/column/1279678_15959.html

 
   第3回:スモールビジネスの活性化 茨城県取手市・龍ヶ崎市の事例(前編)
            http://www.og-cel.jp/column/1279684_15959.html

 
   第4回:スモールビジネスの活性化 茨城県取手市・龍ヶ崎市の事例(中編)
            http://www.og-cel.jp/column/1279955_15959.html

 
   第5回:スモールビジネスの活性化 茨城県取手市・龍ヶ崎市の事例(後編)
     http://www.og-cel.jp/column/1280447_15959.html

 
   第6回:ベンチャービジネスの活性化 福岡県福岡市の事例(前編)
     http://www.og-cel.jp/column/1280808_15959.html

    
   第7回:ベンチャービジネスの活性化 福岡県福岡市の事例(中編)
     http://www.og-cel.jp/column/1281279_15959.html

 
(執筆者:エネルギー・文化研究所 研究員 奥田 浩二)

本連載について 

 本コラムでは、起業で地域を元気にするための鍵を考えていきます。記載内容は、執筆者が入手した情報をもとにしていますが、執筆者の意見を含んでいます。各内容は、執筆者が所属する機関・企業の公式・公的な見解を表明するものではありません