CELは、大阪ガスグループが将来にわたり社会のお役に立つ存在であり続けることができるように研究を続けています。

エネルギー・文化研究

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 大阪ガス総合トップ
  • 大阪ガス

JP/EN

Home>コラム

コラム

コラム一覧へ

2019年07月29日 by 池永 寛明

【起動編】なぜ企業の力が弱まっていくのか

上司を社外の人に「上の者」とか「上の人」といい、部下を社外で「部下」と呼ぶ―違和感がある。上と下はあなたの会社の話であって、社外の者にとっては関係ない。また自分の会社の役員を「えらい人」とへつらう姿は世の中から見たら変。これも機能不全のあらわれ。


「再定義」という言葉が、イノベーションにつづいて流行っている。なんでもかんでもイノベーションで、なんでもかんでも再定義。技術が進歩し、人口構成が変わり、環境が大きく変わるから、企業や事業のあり方を「再定義」しないといけない―それはそのとおり。企業というものは「時流適応」業。時代の潮流、市場・お客さまの変化を読み解き、事業のカタチを的確に変えなければ、お客さまに選ばれない。


だから時代の流れを読み、「再定義」するのが経営だが、問題は「前提条件」が変わっていないこと。コンサルや、企業の戦略企画スタッフと呼ばれる人が「どこでも使える」マネジメントツールやフォーマットをあてはめて、カッコいいビジュアルなどこの会社にも通用するような「戦略」をつくるが、実感を伴わない、迫力がない。なぜなら出発点であるはずの市場・お客さまの今が見えていないし、変化をつかもうとしていない。だから当事者意識が欠け、企業の「病い」はより悪化する。


わが社は大丈夫だ、きちんと「調査」しているから、市場をつかんでいるという企業・人が多い。「マーケティングは調査」と考える企業・人が多い。自社で仮説をたて、専門家に調査を依頼し、統計屋や最近はやりの「データサイエンティスト」が分析しているから、市場・顧客・動向はつかめている。だからわが社は大丈夫だと考えるが、売れない、お客さまに選択されない。


市場が見えていないのだ。現場に足をはこぶ人が減り、カッコいい資料をつくる人が増える。よって企業の現場が弱くなり、頭でっかちになる。市場・お客さまと接している現場の情報が経営につながらなくなり、市場観、お客さま観、時代観のアップデートが減り、企業の根元から弱くなる。だから「前提条件」の変化に気がつかず、かつての前提条件そのままで考えてしまい、企業の力が弱っていく。


たとえば世界最速の都市といわれる深?に日本から視察に行く人が多い。世界のモノづくりのシリコンバレー、イノベーション、キャッシュレス、自動運転、無人コンビニ、無人カラオケ…日本が考える5〜10年後の社会が深?ですでに動いている。

その深?を「視察者」が見て、「すごいね…でも日本は大丈夫」「わが国でも技術的にできるけど…どうかなあ?」「いつか日本は抜かれますなあ」―そんなことない、分野によれば深?の方が進んでいる。これも、かつてのままの前提条件・市場観そのままで、市場を見てしまうので、ずれる。

深?で現地の人から聴いた。「日本からの視察団は現場視察が終わったら、現地の人と交流することなく、日本人どおしで群がる。せっかく現地に来ているのに、市場の実相が見えない」―聴く気がない、学ぶ姿勢がない。


日本は名刺文化。名刺交換が目的の名刺コレクターも多い。だから面会していて、その相手が名刺を持っていなかったり、自分が知らない会社の人だった場合、相手を侮る。しかし、その侮っている人が実は世界的企業の代表だったことが判ったら、豹変する。

話をしている「今」「この瞬間」に、すごいなと思う「事実」こそ尊重し、学び、受け入れるべきなのに、名刺や肩書でフィルターをかけてしまう。その人が何者であるのか、キャリアがどうだとかという「過去」は相手を理解する一要素にすぎない。それよりもその人の今を理解すればいい。「この人、すごいなあ。この会社の考え、戦略、良いなあ」と感じ、受け入れることが大切。市場・お客さまの今、変化をつかみ、「前提条件」を適確にアップデートすることが、なによりも大切な時代になっているではないだろうか。


(エネルギー・文化研究所 顧問 池永寛明)


日経新聞社COMEMO  7月11日掲載分