CELは、大阪ガスグループが将来にわたり社会のお役に立つ存在であり続けることができるように研究を続けています。

エネルギー・文化研究

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 大阪ガス総合トップ
  • 大阪ガス

JP/EN

Home>コラム

コラム

コラム一覧へ

2019年03月23日 by 池永 寛明

【交流篇】 権利を主張するが、負担はしたくない日本人


繰り返し報道される昨年7月の西日本豪雨の映像に印象的なシーンがある。豪雨がまちを襲い、家が水没した。おばあさんが逃げ遅れた。そこに「おばあちゃん、大丈夫?」と声をかけて、近所の人がボートにのって助けにいくという映像。平時は声をかけることはないが、有事だから声をかけあう。「地域コミュニティの美談」だと紹介される。


しかし独居のおばあさんには、息子・娘がいる。本来息子・娘が自分の親を助けにいくべきなのに、遠いところに住んでいるといっていけない。緊急事態だから、その地域に住んでいるからといって、近所の人が助けにいくというのは、本来、筋がちがう。


自分の親の遺産や金目のものは遠隔地にいる息子・娘たちが「相続」するが、おばあさんに日常的な危機があると、地域の人が「負担」する。昔から地域で「講」とか「結い」などをつくって助けあってきたから、助けるのは当然だ、「地域で助け合うものだ」という権利を主張して、自らは「負担」しようとしない人たちがいる。GIVE & TAKEであるべきなのに、TAKE & TAKEになる。もしくはGIVE & GIVEとなる。このように、日本は権利と負担がアンバランスな国となった。こんな価値観は、世界では通用しない。


「コミュニティ(community)」という横文字が「まちづくり」の文脈で、日本で使われだしたのは、決して古くない。しかし本来とはちがう意味で使われがちである。そもそもcommunは“共有、共通、共同”が言葉の由来。つまりコミュニティとは互助、共同負担のこと、自分のことも他人の問題でもあるということ、他人のことも自分の問題でもあるということ。だからおばあさんが溺れているところをみて、「お互いさま」だから、助けに行こうとするのが「コミュニティ」の中核。


自分が困ったら助けてもらうという「予約」のもとに、地域の人々が困っていたら助けるのがコミュニティ。強制的にだれかに言われるからするのではなく、「お互いさま」だから助けに行く。自分になにかあったら、みんなが助けに来てくれる─そんな「お互いさま」が消えつつある。負担と受益のアンバランスが著しく、暴走している。要求して利用したいが、負担はしない。自分は負担しないけど、権利として受益はする。本来自分がやるべきことを他人に分担させる。日本のぬるさは、ここにもある。


日本ではソサエティ(society)とコミュニティ(community)が混同されている。話しあったり声をかけあったりすることは「society」。では職場はソサエティなのかコミュニティのどちらだろうか。一人一人の機能、分限、役割が決まっているので、職場は「ソサエティ」であり、職場は「コミュニティ」ではない。にもかかわらず、まちづくりの人たちはあるべき地域の姿を「職場のチームワーク」のような感覚をイメージしたり、まちづくり「会社」をつくったりする。コミュニティとソサエティを混同している。


インターネットでつながる「SNS」は、ソーシャルネットワーク。

SNSでつながっているのは「コミュニティ」ではなく、「ソサエティ」である。コミュニケーションとかぶるので判りにくくしているが、SNSは社会性、関係性からソーシャルをつなぐネットワークである。にもかかわらず、SNSを「コミュニティ」と勘違いをしている人が多い。


コミュニティには役割分担がある。相手になにかの役割を果たすことを求める。自分がおこなうべき役務を自分だけでするのではなく、だれかにも手伝ってもらうのが「コミュニティ」。だから溺れているおばあさんを船で助けにいくというのが「コミュニティ」であるが、問題は権利と負担とがアンバランスになっている。負担するからこそ、権利が主張できる。本来のコミュニティとは、「お互いさま」が本質であるが、今の日本には自分の「分」を果たさない人が多い。


エネルギー・文化研究所 所長 池永寛明)


日経新聞社COMEMO  319日掲載分