CELは、大阪ガスグループが将来にわたり社会のお役に立つ存在であり続けることができるように研究を続けています。

エネルギー・文化研究

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 大阪ガス総合トップ
  • 大阪ガス

JP/EN

Home>コラム

コラム

コラム一覧へ

2019年02月05日 by 池永 寛明

【場会篇】 前提条件がそもそも間違っている


東京で話をしているうちに、アイデアが湧いた。

“ええな” “これは画期的だ” “うまくいく” “やろうやろう” 、とワーワー盛りあがって帰る。しかしアイデア、プランをもってホームグラウンドに戻るが、実行しない。会社のなかでの研修ではない。外部の講演会や起業ミーティング、新規分野開発プロジェクト、課題解決ミーティングなど、いろいろな会合に出て、いろいろな人に出会って、触発され、インスピレーションが湧き、プランをたてた。やる気はある、いけそうに思う。考えたアイデア、プランは悪くない。しかし・・・できない、しない。


なぜか。

東京で話を聴いて、具体的なプランに練りあげ、地元に帰った。そのプランをいざ実行しようとすると、ご当地の「しみついた思考様式」にぶつかる。「それな、前にも考えたけど、それあかんわ」「昔やったけど、うまくいかなかった」「技術的には可能だけど、うまくいくわけがない」「とりあえず稟議書を書いて、役員会議に出して」「きっと問題あるで」「予算がない」・・・そういった「できない」「やらない」理由をいっぱいあげて、東京で盛りあがったアイデア・計画は消えていく。


一方、「過去の常識を打破して、新発想で成功した 」

というような経済誌やテレビでの紹介コピーをよくみかける。しかしそうなんだけど、それはちがう。そもそも「前提においている常識」が間違っている。「できないということをやった」というが、「できないと思う」ことが間違っている。前提条件が間違っていることが多い。


「それをやると、課題がある・問題がおこる」

というが、「ノックアウトファクター」(それひとつですべてがだめになること)ならまだしも、やらない前提で議論する人がいる。また最初から「できません」という人たちもいる。できない、やらない理由をいっぱい並べて議論をする人がいる。さらには結論ありきで、議論・検討をしたという体裁を整える「為にする議論」をする人がいる。そんなことばかりしていると、「やらない」ではなく、本当に能力的に「やれない」ことになる。


成功するか失敗するかは、やってみなければわからない。

やって問題が発生したら、それを克服したらいい。それを克服した人が成功者になる。


世界最速の都市のひとつといわれる中国の深?では、アイデアをカタチにするのに、1時間もかからずプロトタイプができるという。それをすぐにマーケットで実験する。お客さまの反応に耳を傾ける。問題が発生したら、すぐに修正・改善して良いモノに仕上げて、一気に展開するという世界最速の「深?速度」がマーケットをつくりあげていく。またデンマークのデザインスクールCIIDには世界各国から学生が集まり、毎日のように社会課題を読み解き、ソリューションを考え、1週間でプロトタイプまでつくって週末に企業にプレゼンする。それを毎週プロトタイプを仕上げていく。そのサイクルを1年間おこなう。そのデザインスクールを卒業した人たちのスピード感覚で、世界は動く。慎重なのはいいが、日本速度は遅すぎる。世界の時代速度に気づかないと、とり残される。


そもそもこのCOMEMOに「やらない」「できない」という文字をいっぱい書いていたら、気分が悪くなった。「やってみなはれ」「やろうよ」と書きたくなった。


(エネルギー・文化研究所 所長 池永寛明)


日経新聞社COMEMO  118掲載分