CELは、大阪ガスグループが将来にわたり社会のお役に立つ存在であり続けることができるように研究を続けています。

エネルギー・文化研究

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 大阪ガス総合トップ
  • 大阪ガス

JP/EN

Home>コラム

コラム

コラム一覧へ

2018年11月19日 by 池永 寛明

【交流篇】 ニッポン、そんなに急いでどこへ行く

 


東京では渋谷、大阪は道頓堀。道頓堀の戎橋から100名以上が1031日に川に飛び込んだ。いつもならUSJのなかにいるようなアニメキャラ、ゲームの主人公、制服姿、ゾンビたちが道頓堀をジャックした。この日のために準備をしてそれになりきる人、目立ちたい人、それを見に来る人、写真を撮られる人、写真を撮る人、たまたまいた人、囃したてる人、見守る人、注意する人で、ごった返していた。このとき、なにかが起こったらどうなるのだろう、みんなどういう行動をとるのだろうかといつも感じる。


東日本大震災が発生した日の東京の混乱を思い出す。今年に入っても910日の台風24号のときに、関東は混乱した。1019日の山陽新幹線姫路駅での人身事故で、東の東京駅も名古屋駅も、新大阪駅も、西の博多駅も混雑した。東京から博多まですべての区間で新幹線がとまって、48,500人に影響した。地震、台風だけではない。たとえば群馬でおこった事故で、都心の東海道線がとまってしまうというようなことが、この10年増えている。


かつて東京駅はターミナル駅だった。発着駅であり、終着駅であった。乗り換える駅であった。それを東京駅、上野駅を経由し、宇都宮線、常磐線、東海道線を直通にした。他にもいろいろな線をつないだ。利用者にとってはとても便利になり、企業にとっては効率化となりコストダウンとなった。


各線がつながっていなければ、運転手、車掌さんは倍必要になる。当然コストが増える。それを一本につないだ。便利になったし、コストダウンにもなった。しかしどこか遠いところでおこったこと、あっちでおこったことがこっちで影響がでる。なぜ電車がとまったんだよ、どうなっているんだよと多くの人はイライラし、怒る人も出ている。


すべてをつないでいこうとしている。たとえば神戸から和歌山に行こうとしたら、大阪を抜けてそのまま神戸から和歌山までストレートに行けない。乗り換えなければならない。この乗り換えが不便とおもう人もいるが、乗り換えて目的地にたどりつく交通機関はJRも私鉄もあり、選択できる方が社会の仕組みとして「健全」である部分もある。大阪の場合でいえば、JRに地下鉄に阪急、阪神、京阪、南海、近鉄が並走している区間が多い。A地点からB地点に行くのにストレートに行けなくて乗り換えなければならないのは不便、非効率にもおもえるかもしれないが、複数ルートがあること、リタンダンシー(冗長性、多重性)は社会において重要である。それは効率性、利便性とは相克するように頭で考えるが、体感的にはそれぞれが相生するように感じる。


交通混雑の「縮図」の風景を有楽町線にみる。豊洲駅からの上り、都心に戻る方面の夕方1719時の混雑に驚かされる。その時間帯で地震がおこったら、どうなるのだろう。他への振り替えが少ない。あたかも蜘蛛の糸にみんなが群がり、蜘蛛の糸がちんと切れ、混乱するというイメージを想起する。それは東日本大震災、熊本地震で物流、サプライチェーンが混乱し、商業現場や工場の生産に影響したことと同じ構造である。


技術の進展に伴って利便性・効率性の追求で、いろいろなボトルネックが解消されていく。しかし「乗り換え」「振り替え」「溜まり」「休憩場所」がなくなったことで、もしもの時への対応力がおちる。様々なフィールドで健全なボトルネック、不便さ、「遊び」がなくなった。急激な力が入るのを防ぐため部品の結合にゆとりをもたすことを「遊び」というが、「ハンドルの遊び」のようなもの、場が社会や地域や企業や生活からどんどんなくなっている。なにかとなにかをつなぐ「遊び」がなくなっている。


教育もそう。日本ではプログラミング教育が導入されているが、世界の流れはSTEM教育にArtを織り込んだSTEAM教育にシフトしている。



効率性を追求しつづけている日本。社会にとって「遊び」はどこに行ったのか。健全な「遊び」を今こそとり戻すべきではないだろうか。ただし道頓堀川に飛びこまないように、ほどほどに


(エネルギー・文化研究所 所長 池永寛明)


日経新聞社COMEMO  112日掲載分