CELは、大阪ガスグループが将来にわたり社会のお役に立つ存在であり続けることができるように研究を続けています。

エネルギー・文化研究

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 大阪ガス総合トップ
  • 大阪ガス

JP/EN

Home>コラム

コラム

コラム一覧へ

2018年07月23日 by 池永 寛明

【耕育篇】 一生チャレンジする人、「分」を弁えない人

  


「人生を終えるときに、最も後悔していることはなにか?」とのアメリカの 80歳以上のシニアへの問いに、7割の人が同じ答えをした。それは「チャレンジしなかった」ことだったという。1年半前のアメリカでの調査結果。


「おじいちゃん、頑張れ」と小さな女の子が声援を送る。先週松山市で日本マスターズ柔道国際大会が開催された。30歳以上5歳ごと、体重別の個人戦と団体戦があった。30歳の柔道家にまじり、60歳代、70歳代、80歳代の柔道家が出場していた。チャレンジしつづける人たちがいた。


「無事是名馬」というが、70歳代、80歳代で柔道の試合に出場するのはすごい。柔道は肉体的鍛錬が求められるハードなスポーツである。とはいうものの、10歳代や20歳代の柔道スタイルのまま30歳代、40歳代の柔道スタイルはできない。50歳代は50歳代なりの柔道スタイルに変える。60歳代、70歳代のスタイルに変えずに、若い頃と同じような柔道スタイルのままだったら、身体は悲鳴をあげる。柔道という「本質」は変わらないが、年齢に応じた柔道スタイルに再定義し、日々稽古・精進することで、好きな柔道を生涯しつづけることができる。85歳代の部にチャレンジする高齢者たちの柔道に、自分はどうなのだと問われる。


「あなたは、なにができますか?」と定年後の再就職の面接で問われて、「課長ができます」と答えたというジョークがあるが、ある面、真実を語っている。日本の定年退職者には、「インテリ」大卒サラリーマンが多い。この「インテリだった」という自分がつくりあげた「プライド」が定年後に邪魔する。現代、人手不足でサービス分野などの雇用が多くあるが、「インテリ」高齢者はそんな“仕事”はできない、したくないという。仮に今後、60歳定年を65歳に、70歳定年にしたとしても、この「インテリ」「プライド」問題がついてまわる。これが高齢社会の問題の本質のひとつである。


高齢社会の議論に接するとき、「分」という語が頭に浮かぶ。たとえば「自分」。この「分」という語はとても奥深い。広辞苑と平凡社世界大百科事典で調べてみた。「分」とは、そもそも「区分」されていることを意味する語であるが、与えられた役割、地位、能力、なすべき勤めを意味する。つまり「自分」とは、自分自身の能力、役割。「本分」とは、その人に本来そなわっていること。「過分」とは、自らに与えられた役割をこえているということ。「存分」とは、自分の役割を知ること。「分限」「分際」とは、自らの役割はここでおわり、ここまでというところ。「分」の区別のない人は、「分別」がない人。この「分」という語の本来的意味が忘れられるとともに、日本社会に「分別」がない人が増えた。自由の名のもとで、分を、つまり与えられた役割を放置、放棄しつつある。「分」を弁(わきま)えない人が増えている。


定年退職して、引退しても、「いばって」いる人が多い。定年退職するということは、ゼロクリアすること。いったんゼロにしたうえで、新たな自分の「分限」を得て、それを自分の「本分」にして「存分」に発揮することが本来である。現実は「分限」がわからない人が多くなった。このようにして日本は「無分別」時代となった。自らの「分」を認識せず、「分」を弁えない。しかし、それは高齢者だけではない。自ら稼いでいない高校生や大学生までが「ブランド品」を欧米に行って買い漁る。「分」を弁えない、まさに「分不相応」である。イタリアの若い子の多くはブランド品を持っていないし、そもそもブランド品をもちたいと思わない。大人になって自分で稼いで、買えるようになったら買うと思っている。


「分」という意味をじっくりと考えていただきたい。日本人が失いかけていることのひとつである。あなたは、自らの分を再定義して、なににチャレンジしますか


(エネルギー・文化研究所 所長 池永寛明)


日経新聞社COMEMO  531日掲載分