大阪ガスネットワーク

エネルギー・文化研究

  • サイトマップ
  • お問い合わせ

CELは、Daigasグループが将来にわたり社会のお役に立つ存在であり続けることができるように研究を続けています。

  • DaigasGroup

JP/EN

Home>コラム

コラム

コラム一覧へ

2022年06月29日 by 池永 寛明

【起動篇】(最終回)明日、退職します。

 

 

「退職されるのですか。このあと、どうされるのですか?」 日本社会のなかでは、大の大人はなにかをしていないといけないという「社会的統制」がある。それを前提に、そう訊かれる。どこかに帰属するところがないといけない理由は、どこにもないはずだが、日本人は無意識に、人はどこかに所属して、なにかをすることを前提に見る。しかしこう言う。

 

どこにも行きません

 

明日から、これまでの会社生活をリセットして、どこにも属さず、新しい旅に出る。このCOMEMOは本日で終わるが、まだ書ききれていないことがある。これからの旅の途上にて、「社会文化研究家」として、あらたなCOMEMOを発信していくことに決めた。

 

1.ご近所に恥ずかしい

 

「どうしてですか?」「まだ早いのに」と不思議そうに見られる。日本社会には、どこかに行くべきだ、なにかをしていないといけないという「社会的統制」がある。だから行き場所がなくて、ブラブラしていてはいけないという空気が日本にある。こういう言葉もある。

 

「ご近所に恥ずかしい」

 

この言葉のなかに、日本人を無意識に支配する「社会的統制」が含まれている。ご近所の目がある。半パン・Tシャツで外に出ようとすると、「そんな恰好で外に出たらダメ」ととめられる。機能的な服だからいいだろうと言っても、「みんなに笑われるから」と注意される。

 

世界では、このようなことはあまり言われない。「世間からどう見られるか」という価値観のプライオリティは、日本のように高くない。日本人は、まわりにどう見られるのか、どう思われるかを異常に気にする。

 

まわりがどうこう言おうと関係ない

 

これも、「まわりがどうこう言う」という「世間」を意識している。海外にはそういう言い方はないだろう。そもそも海外では

 

まわりがどうこう言わない

 

2.個を立てる

 

かくも日本人は「帰属する社会」を求める民族である。帰属する社会のなかの「統制されたルール」に従うことで、安楽にすごし、安心して生きてきた。その「統制されたルール」に反すると、軋轢がおこり、窮屈になり、面倒くさくなる。だから日本社会のなかで生きていくうえで、自らの「精神的な自由」をおさえてでも、社会もしくは自らが帰属する集団における「統制されたルール」にすりあわせていくことになる。

 

時としてこういう人があらわれる。「どんな格好をしても、自由だろう」と真っ赤な毛に奇抜なファッションの大学の先生。「そんな格好をされたら、学生に示しがつきません」と大学側から注意されると、「どこにダメと書いてあるんだよ」と反論する。しかし明文化されていなくても、「それはダメ」という暗黙の統制されたルールが帰属する組織のなかに、厳然として存在する事柄が多い。

 

そもそも髪の毛を染めたり変わった服を着ようとするのは、なぜか?「個を立たせたい」のである。自分は他の先生とちがうということを目立たせたい。それを「個性」だと主張する。しかしみんながその格好をするようになったら、個が立たなくなるので、その格好をやめて、別の格好にする。

 

 

日本人で最初に洋服を着た人は、日本人のなかで「個を立たせる」ためでもあっただろう。明治維新で、文明開化となった。和装から洋装になかなか変わらなかった。そのため、明治政府は、明治天皇に洋装を着ていただき、官僚の制服、軍隊の軍服を導入した。そこから洋装が広がりだした。みんなが洋服を着るようになったら、初めに洋服を着た人は「個が立たない」と別のスタイルに変えた。

ファッション業界や広告代理店が常にユニークなもの、奇抜なものを求めつづけるのは、このメカニズムを活用している。

 

日本は帰属している社会のなかで「個が立つ」ことが差別化だと考える人が多い。みんなが「それ」をするようになると、「それ」が自分を表現するものでなくなる。自らの「個」が立たなくなると考える。だから他の格好をする。これこそ、日本人の「精神の不自由さ」を示す姿そのものである。

 

1960〜70年代にフォークソングが流行した。それまで短かった日本の男性の髪の毛が長髪となった。ロン毛をなぜかヘアバンドでくくり、派手なチョッキにパンタロンというファッションで登場した。

彼らは「自由」を標榜したが、それは彼らのオリジナルではなかった。アメリカのフォークシンガーたちのファッションを真似たものであった。アメリカのファッションを知らない人からすれば、「個」が立っていた。なんだ、あのファッションは?と。日本のフォークシンガーたちは、「状態の自由」で主張したが、それは「精神的自由」とはいえなかった。

 

3.あなたは自由か?

 

日本人は、なにかしらの帰属を是とする

 

日本には、どこかに所属していなければいけない、だれかと一緒にいないといけないという「統制的なルール」がある。一人でいると、「あなた、変わっているね。おかしいよ」と見られたりする。

 

しかしどこかに帰属して、二人以上の集団にいると、自分の考え方と他人の考え方がぶつかる。とても窮屈だが、どこかで折り合いをつけないといけない。とても不自由。それは、117年前に書かれた夏目漱石の「草枕」の冒頭にも、如実に出てくる。

 

智に働けば角が立つ。情に掉させば流される。

意地を通せば窮屈だ。とかくに人の世は住みにくい。

夏目漱石「草枕」

 

かくの如く日本人の本質は変わらない。

 

欧米では一人旅は珍しくないが、日本では「一人で旅行してきた」というと、「すごいね」とか「どうして一人で行ったの?」とか「さみしくなかった?」とか「友だち、いないの?」といわれたりする。

 

一人で行動する人は奇人・変人のように扱われる。日本は集団のなかにいることが基本、集団で行動することが基本という社会構造である。1400年前の聖徳太子の「十七条憲法」の一条の冒頭に、「和を以て貴しと為す」がくる。人と人の和を大事にせよと諭された。以来、日本社会では、個人よりも集団・組織が大事だと教え、伝えつづけてきた。

 

では日本の自由とはなにか。

 

自由の字源は、自らに由(よ)る

 

ということ。つまり自由とは、自分で決められるということ。自由とは、自分がいいと思うことを判断できている状態をいう。

 

自由には、「状態の自由」「精神的自由」がある。日本の自由主義は明治時代以来、「状態の自由」を開放しつづけてきた。しかし「精神的自由」はいまだ不自由である。「精神的自由」とは、自ら決めることができること、なにかをするときに自分の意志で決められることである。私たちはどれだけ自分の意志で決められているのだろうか。

 

「精神的自由」となることで、今まで考えなかったことが発想できるようになる。新たな変革が生まれる可能性が広がる。日本のイノベーション力の弱さは、この「精神的自由」のなさが起因しているともいえるのではないだろうか。

 

 

4.287本目のCOMEMOの最後に

 

退職後、なにをするのですか

40年間いた組織を出て、どこにも帰属しない旅に出る。これからどこを旅するのかは、これから考える。新たな旅をしながら、社会を見つめたい。

 

これまでの企業人の視座ではなく、どこにも帰属しない「社会文化研究家」という新たな「個」で、文化という切り口で現代社会を考えていきたい。

 

これまで日本社会の現在を見つめ、毎週、発信しつづけて、本日の投稿で288本となった。そのなかで多くの人々にお読みいただいたのは、次の5本。

 

「誰からリストラするのか」 −圧倒的に多かった答えは。

https://comemo.nikkei.com/n/n0a94c203232e

 

おむすびとサンドイッチ

https://comemo.nikkei.com/n/n1a540a2b4d63

 

大学生のレベルが格段にあがっている理由 −学びの変革(上)

https://comemo.nikkei.com/n/ne51ddc3007c1

 

あなたはなにに「便乗」しているの?①

https://comemo.nikkei.com/n/n56e4e367e192

 

負けてもかまへん。だけど、わて、負けへんで。

https://comemo.nikkei.com/n/n77ac781af218

 

この5年間の私の生活は、COMEMOを中心にまわってきた。288本、一所懸命にCOMEMOを通じて、企業人として得られなかったことがある。1万人以上の人々にフォローいただいたこと、企業のなかでは出会えない人々からのご意見・ご質問・ご感想をお寄せいただいたこと。これは望外の喜びである。企業人としての池永のCOMEMOは、本日が最後となる。長い間、お読みいただき、御礼を申しあげる。

 

企業人を卒業して、新しい旅に出る。旅の途上から、「社会文化研究家」池永COMEMOを発信していく。池永の新しいアカウントのフォローをお願いします。また新しい池永COMEMOで。

 

池永の新しいカウント

https://note.com/hiroaki_1959/

 

(エネルギー・文化研究所 顧問 池永 寛明)

 

note日経COMEMO 6月29日掲載分〕

  • ルネッセ
  • U−CoRo
  • 語りべシアター
  • NEXT21

【特集】長寿社会の歩き方

「人生100年時代」。 私たちは、かつて想定していたよりも、長い人生を送ることに...

  • 論文・レポート・キーワード検索
  • 書籍・出版
  • 都市魅力研究室
  • FACEBOOK

大阪ガスネットワーク(株)
CEL エネルギー・文化研究所

〒541-0046
大阪市中央区平野町4丁目1番2号

アクセス