大阪ガスネットワーク

エネルギー・文化研究

  • サイトマップ
  • お問い合わせ

CELは、Daigasグループが将来にわたり社会のお役に立つ存在であり続けることができるように研究を続けています。

  • DaigasGroup

JP/EN

Home>コラム

コラム

コラム一覧へ

2022年06月09日 by 池永 寛明

【起動篇】良いコトは受け入れるが、悪いコトは受け入れない ― 自由と統制(4)

見出し画像


メルボルンのまちづくりの責任者がこういった。「まちには若者が必要である。1日24時間を活動する若者がまちを活性化させる」 達見だと思った。しかし日本での若者の役割はどうなのか?まちから若者がいなくなったら、どうなるのか?

 

 

1.大学はどうなっていく?― 機関から期間へ

 

若者が圧倒的に多い大学の位置づけが大きく変わりつつある。

そもそも若者にとって、大学という「機関」に行くということが目的ではなく、20歳前後の期間を、どう過ごすかが大切である。その期間で、なにをするか。アルバイト・サークル・恋愛、そして勉学。どれが正しいかどうかは誰も言えない。その期間に大きな熱量を投入して、いろいろなヒト・モノ・コトに遭遇し、混ざりあい、なにかをつかみ、なにかになる ―― それが人生において重要であるはずなのに、いい会社に入るため、大学に行くことが目的になっている人が多い。

 

出会う人の数だけ、わらを拾う。大学に行く行かない、どんな仕事をするしないは重要ではない。その期間に、なにをどう拾うのか、それもたんに拾うだけでなく、拾ったものをどう次につなげられるかが大切である。すぐに次につなげられる人、時間がかかる人、人それぞれである。大切なのは、高校卒業後の数年間をどう過ごし、わらをどう拾うかである。その若者の動きが、まちを活性化させる。


幕末の大坂に、緒方洪庵の適塾があった。適塾は有望な人材を多く輩出し、幕末の空気を熱くし、明治日本づくりに貢献した。この適塾に通っていた若者たちは、いったい何者だったのだろうか。脱藩して大坂に来て入塾した若者もいたが、多くは藩から派遣された武士であり、商家から派遣された者だった。適塾で学ぶということは「仕事」であり、給料をもらっていた。「自由」に勉強をしたが、彼らには「責任」があった。自由と統制がバランスしていた。

戦後、大学に進学するということが普通になった。若者の2人に1人が大学に進学する時代となった。子ども自らが、いい大学に行きたいというだけでなく、親が子どもをいい大学に進学させたい、いい会社に入らせたいと親の価値観で将来像を描き、そういう道を歩ませた。それが「パターナリズム※」に陥った。

※パターナリズム:強い立場の者が弱い立場の者の利益に
 なるためだと考え、本人の意思は問わずに介入・干渉すること


さらにコロナ禍に入り、ネット・スマホによるオンライン時代となった。学びのスタイルは一変した。これまでの大学に対する「パターナリズム」が完全に適合不全となろうとしている。


すでに大学の位置づけは変わりつつある。いい大学に行っていい会社に入るためにどうするのかではなく、20代前後の期間を自由に生き、自らの手でわらを拾い、次につなげる。その期間における若者の動きが、社会に活力を生む。にもかかわらず日本型自由主義は変な方向に向かっている。



2.自由主義はすべてを受け入れないといけない


自由主義だからといって、すべてがうまくいくわけではない。うまくいかないこともある。なんでもかんでも利益が得られるものではない。不利益となることもある。そもそも

 

自由主義は
不利益も受け入れないといけない

 

それがイヤならば、社会制度的に平等となるような統制を受け入れないといけない。しかしそれはイヤだという。

 

日本は自由主義だから、学校でなにをしてもいいと考えた。金髪であろうとなんであろうと、自由だからなにをしてもいいと学校生活をすごしたところ、それが理由で就職できなかった。そうなったら、「社会がおかしい。私は差別されている」と文句を言う。それは自由主義として正しいか。

 

自由主義ならば
やった結果がどうなろうとも
受け入れないといけないのに
受け入れない日本人が増えた

 

 

3.良い結果は受け入れるが、悪い結果は受け入れない

 

現代の日本社会を支配している考えは、これ。

 

自由にやりたい
しかし自由の代償は受け入れたくない

 

自由主義・競争主義についての十分な理解がないまま、日本は自由や競争を「善」としてきた。

 

「自由にやっていい」 といわれ
好きなことをやった

結果がでなかった

悔しいけれど
「また次、頑張る」

 

これは正しい。しかし

 

「自由にやっていい」といわれ

自由にやったけど、結果がでなかった

「会社が悪い・学校が悪い・世間が悪い。
私は差別されている」

 

と考えるようになった。これは自由主義とはいえない。

 

自由主義は
結果を受け入れないといけない

 

自由にしたのだから、その結果を受け入れないといけないのに、自由にやって、好き放題やって

 

良い結果は受け入れるが
悪い結果は受け入れない

 

結果のダメージを受け入れない人が、自由を標榜する。それでは世の中は通用しない。

 

 

4.自由を求めるが、統制も甘んじて受け入れる

 

アメリカは自由主義の国で、結果を受け入れる。だからベンチャーが育つ。うまくいかなかったら、再チャレンジしたらいい。そう考える。

 

一方、日本は、いい大学に入って、いい会社に勤めないといけないと考える。いい会社に入ったら成功。あまり知られていない会社に入ったら失敗。就職先によって成功・失敗と考える価値観の人が未だ多い。そんな日本では、本当のベンチャーは育ちにくい。このような「自由主義国」日本は、社会的に未成熟といわざるを得ないのではないか。

 

自由の代償は引き受けないといけない。自由にやってうまくいかなくても、その結果を受け入れないといけない。それができる人は少なく、「いい会社に入らないといけない」と考える人が多い。この考え方は、本来的な自由主義を否定している。

 

「いい会社にいる」ことが自分の夢だった、ゴールだった。だから会社の上司からの無理難題の命令を受け入れた。この会社に勤めているならば、「それをしないといけない」となんでもかんでも受け入れた。しかしその無理難題を受け入れるということは、自由ではない。

 

しかし日本人は自由を求める

 

たとえば大学の先生。権威に守られながら、奇抜な服装をしたり髪の毛を染めている先生がいる。そんな姿は、普通の企業ではなかなか見かけない。そんな「自由」をはちがえた先生が学生を教えている。日本社会の縮図をそこに見る。

 

一方で統制を甘んじて受け入れるが
一方で自由を求め、自由を謳歌する

 

働き方改革を議論しているなか、コロナ禍となった。テレワーク・在宅勤務となり、週休3日・4日制、ジョブ型雇用が増えようとしている。契約社員へのシフトも始まった。しかしそれまでの時間拘束型のワークスタイルを変えられなかったり、与えられた成果が出せず、「あなた、契約しません」となった。するとクビだと言われた人が「会社がおかしい」と言いだす。自由競争なのだから、そうなる可能性はゼロではない。契約条件を満たせなかったら、そうなることがあるのは当然である。しかしそれを受け入れようとしない。それはおかしい、納得できないと騒ぐ。

 

自由を標榜しながら、自由の弊害・ダメージを受け入れない。

 

この2面性のなかで、日本社会は
どこに向かっていくのだろうか

 

 

(エネルギー・文化研究所 顧問 池永 寛明)

〔note日経COMEMO 6月8日掲載分〕

 

  • ルネッセ
  • U−CoRo
  • 語りべシアター
  • NEXT21
Informational Magazine CEL

情報誌CEL

【特集】持続可能な未来を考える

持続可能な社会を実現するために、 今、私たちができることは何でしょうか。 この世...

バックナンバーを見る
  • 論文・レポート・キーワード検索
  • 書籍・出版
  • 都市魅力研究室
  • FACEBOOK

大阪ガスネットワーク(株)
CEL エネルギー・文化研究所

〒541-0046
大阪市中央区平野町4丁目1番2号

アクセス