大阪ガスネットワーク

エネルギー・文化研究

  • サイトマップ
  • お問い合わせ

CELは、Daigasグループが将来にわたり社会のお役に立つ存在であり続けることができるように研究を続けています。

  • DaigasGroup

JP/EN

Home>コラム

コラム

コラム一覧へ

2022年04月07日 by 池永 寛明

【起動篇】これからどう考える ー ビジネス実践編(1)

見出し画像


6 月末に企業人を卒業する。2017年8月より日経COMEMOにてコロナ禍前の日本社会がどうなっているかを考えはじめ、コロナ禍に入って2年間はコロナ禍の構造変化とコロナ禍後社会を「コロナ禍編」にて考えているなか、世界はウクライナ紛争となった。企業人卒業までの3ヶ月間、これからどうなる、これからどうするを「ビジネス実践編」として考えていきたい。まずは2022年4月の現在、なにが課題と考えるかから話をはじめていく。

 

 

1.これからを見ようとしない

 

前の大阪万博は50年前に開催されたが、1970年代がどんな時代だったのかを、みんな知らない。バブル経済も、たかが30年前のことなのに、みんな忘れている。バブル崩壊、失われた30年、コロナ禍、ウクライナ紛争と、次から次へと「時代の言葉」が変わる。あれほど世の中を支配していた言葉が、ある日突然に次の「時代の言葉」に入れ替わり、その前の言葉は忘れられる。前の前の言葉はもっと忘れられる。それぞれの言葉がつながらず、時の流れと方向性が見えない。

 

自社・自組織の現在だけを見がちである。3ヶ月後半年後1年後のことは考えるが、3年後5年後のことは真剣には考えない。自社・自組織の現在がどうなのかは気にするが、社会がどうなっているのかは気にしない。この技術がどうなるのかには関心あるが、社会がこれからどうなるかは見ない。いや

 

もしかしたら見ようとしない

 

のかもしれない。いやもっといえば

 

見たいようにしか見ない

 

のかもしれない。日本全体がそうなった。企業がそうなった。いつからかそうなった。世の中全体の動き、とりわけ世界の情勢に疎くなった。しかも情報の出所は偏りだした。だから冷静な分析、判断ができない。だから社会、世界から乖離した動きになる。なぜそうなるのか?

 

 

2.構造化ができない

 

企業・社会では「絵を描け」とよく言われるが、絵を描けない人が多い。それは図示・ビジュアル化せよという意味ではなく、「構造化せよ」という意味なのだが、構造化ができない人が多い。では構造化とはなにか。

 

現在どうなっているのか、これからどうなるかを考えるためには、過去と現在をつながないと、本当の現在の姿が見えてこない、未来の方向性が見えてこない。現代の日本、これからの日本がどうなるかをつかむためには、日本を「構造」化しないといけない。日本を構造的に捉えると、現在日本は過去から現在、未来への軸を3つの構造変化で動いているものと考える。


図1


しかし自分が中心、自分の大事を優先するようになり、自尊がなくなった。


(1)「適合不全」となっていたコロナ禍前の産業・ビジネス構造変化
(2)コロナ禍を契機とした日本の構造変化
(3)ウクライナ紛争を契機とした世界の構造変化


日本はこれら3つの構造変化に複合的・融合的に影響を受け、未来が形成されていく。しかし多くの人は物事をそういう風には捉えない。コロナ禍の前のことはコロナ禍に入ったら忘れ、ウクライナ紛争が発生したらコロナ禍のことを忘れる。

 

ウクライナ紛争一色となるなか、通勤・通学の満員電車が戻り、街の飲食店にお客さまが戻り、全国から観光客が戻る。新型コロナウィルス感染リスクがなくなったように、元の社会に戻っていこうとしている。コロナ禍での構造変化によって人々の価値観・社会の価値観が大きく変わり、適合不全していた社会システムが再構築しつつあったのが、元の形に戻ると、さらに適合不全が広がり輻輳化する。なぜ日本はそういうふうになるのだろうか?

 

 

3.課題をつかまない

 

私は「問題」と「課題」という言葉を使い分けている。目に見えている現象を問題(trouble)、その原因・本質を課題(problem)と捉えているが、問題と課題が混同されていることが多い。


図3


ビジネスや家庭において、ともすれば問題が発生する。問題はおこらないことはない。ひとつ問題を解決すると、また別の問題が発生する。問題は次から次へとおこる。軽微なことから、重大なことまでいろいろなことがおこる。それらを一緒くたにしてしまう。目に見えて生じている現象だから、その問題に対応しないといけない。しかしその問題対応で終わってしまうことが多い。

 

このように現実社会は目に見えている現象へのその場対応という「対症療法」が多い。その現象をひきおこす根本原因・本質がつかめていないから、いつまでも根治しない、物事は軽決しない、ありたい姿が実現しない。

図2


「課題」がつかめないのは、全体が見えていないからである。それぞれの関係がつかめていないからである。つまり構造化できていないのである。では、どうしたらいいのか。まず問題が発生したら、こう問う。

 

それは、問題なのか?課題なのか?

 

これがビジネスの成功を導く第一歩だが、それをしない人が圧倒的。

 

 

4.同じ失敗を繰り返す

 

現在のコロナ禍は100年前のスペイン風邪大流行と構造は類似している。感染対策から物流の断絶がおこり、モノ不足がおこり、不景気となった。ウクライナ紛争は50年前の石油ショック(1972年)の構図を彷彿させる。物価を高騰させ、エネルギー政策はそこから劇的に変わった。このように歴史は繰り返す。


歴史は、人間の生きる活動を集積したもの。

ギリシャの歴史家ツキデデスは、こういった。

「歴史は人間性のおもむくところ。これからもまた以前のごとく進むであろう」

社会は常に進歩する。技術やインフラは進歩し、社会をよりよいものにし、過去に戻ることはない。しかし人間性と人間の関係性は変わらない。

 

よく言われるエピソードだが、「近頃の若いやつらはあかん」「私の若い頃はこうだった」という年長者の若者への嘆きは、古代エジプトにも、古代ギリシャの哲学者プラトンの書にも、日本の平安時代の文書にも、同じ文脈が見られる。人の生き方、人間性、人と人の関係は昔も今も変わらない。だから人がつくりだす歴史は繰り返す。


「歴史に学べ」とよくいわれるが、人は学ばない。歴史は受験勉強で終えてしまう。そもそも歴史に学ぶとはどういうことか。

 

歴史学とは、過去を過去の視点で、過去の時代背景で考えること。しかし現代を生きる私たちにとって、歴史に学ぶということは、現代の視点で過去から本質を読み解き、それを現代に活かすことと。つまり過去の試行錯誤を学ぶ。企業でいえば社史、企業・組織における試行錯誤を学ぶ。別の言葉でいえば他人の経験に学ぶ。しかし多くの人はそれらを学ばない。過去の歴史に立ち戻らないから、同じような失敗を繰り返す。とりわけ効率化、情報化の進展で、人と人の直接的な関係・交流が減り、過去から、他人からの学びが減った。オンライン・テレワーク時代になると、さらに減っていくことになるかもしれない。

 

もうひとつ、過去に学ぶうえで、大切なことがある。

 

過去を総括しない

 

ことが多い。良いことも悪いことも総括しない。結果は記録には残すが、プロセスは残さず、忘却する。その人がどう思い、どう悩み、どう考え、どう動き、どうしたのかのプロセスはなかったことになる。だから過去はクリアされ、新たなこととして臨むことになる。過去の試行錯誤という体験に立ち戻らないから、時間も費用もがかかるのみならず、同じような失敗を何度もする。この繰り返しが多い。

 

「構造化できない」「課題をつかまない」「過去に学ばない」日本。これらの方法を再構築しただけでは日本再起動はできない。まだ本質的な課題がある。それらは次回以降の「ビジネス実践編」で考えていきたい。

 


(エネルギー・文化研究所 顧問 池永 寛明)

〔note日経COMEMO 4月6日掲載分〕

  • ルネッセ
  • U−CoRo
  • 語りべシアター
  • NEXT21
Informational Magazine CEL

情報誌CEL

【特集】持続可能な未来を考える

持続可能な社会を実現するために、 今、私たちができることは何でしょうか。 この世...

バックナンバーを見る
  • 論文・レポート・キーワード検索
  • 書籍・出版
  • 都市魅力研究室
  • FACEBOOK

大阪ガスネットワーク(株)
CEL エネルギー・文化研究所

〒541-0046
大阪市中央区平野町4丁目1番2号

アクセス