CELは、Daigasグループが将来にわたり社会のお役に立つ存在であり続けることができるように研究を続けています。

エネルギー・文化研究

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 大阪ガス総合トップ
  • 大阪ガス

JP/EN

Home>コラム

コラム

コラム一覧へ

2020年03月04日 by 池永 寛明

【耕育篇】傘をかしげない人たち―所作から作為



お茶をお客さまに出す。お茶碗をドンと置いても、そっと置いても、お茶を飲むことに変わりがないが、お茶の出し方にこだわった。「所作」であり、自分を表現した。他人の目よりも、自分自身がそれを気にする。

細い道を前から人が歩いてくる。向うがよける、こっちがよけるを考える前に、道を譲るという所作をしていたものから、相手が譲るべきか、こっちが譲るべきか言い争いしたりに発展する時代となった。所作の意識がない、自分を律せない人が多い。自動車のあおり運転もこれ。


雨のなか細い道で、前から傘をさす人と出会ったら、どうする。傘をさしている者同士がすれ違うと、傘があたる。そこで傘を外に向けて、すれちがった。それが自分として気持ちよかった。この意識に多くの日本人が共感したので、それが様式となり、「傘かしげ」という美しい言葉が江戸時代にうまれた。
それをしないと、無粋となった。それをしたからといって、社会が豊かになったり経済が活発になるわけではないが、そういう「所作」をしている自分が気持ちよかった。その「所作」の多くが日本人からなくなりつつある。

家に帰って、玄関で靴をきちんと並べる人。「ただいま」といって家の内に入る人。カバンや脱いだコートをハンガーに掛ける人。他人が見ていなくても、首尾一貫、そうする人。そうすることが気持ちのいい暮らしだと思っていた。それが、他人に見られている外ではきちんとキレイにするが、他人に見られていない自分の部屋に入ると、外の意識が切れて、乱れていった。

 

この外できちんとするのは「作為」であるが、作為は見抜かれる。
作為とは“為をもってなす”こと。なんらかの目的をもってすることが作為。作為は代償を求める。


せっかく化粧したのに、せっかく髪を切ったのに、気づいてくれない。「せっかく髪を切ったのに…」となる。これが「作為」。せっかくプレゼントしてあげたのに、せっかく〇〇〇をしたのに…が作為。
一方、スーパーで買い物。入れてきた袋をいつもキレイに畳む。あるとき知り合いに、「えっ?スーパーの袋、畳んでいるんだ!」と言われ、「ええ、いつもしている」。これが「所作」。スーパーの袋を畳んでいることを褒められるなど期待もせず、自分が良いと思うことを自然にするのが所作。それが他人から素敵と見えるのが美しい所作。

 

「作為」社会である。
この大学に入ったのだから、この会社に入ったのだから、こうなって当たり前、こうなるはずだと考えるようになった。約束型社会と信じた。作為に対する対価を求める。大学合格という目標に向けて頑張る。毎晩深夜まで勉強していて、“風邪ひかないように”などと親から声をかけられるのは嬉しいが、「偏差値、どうなっているの?」など踏み込まれると、“うるさいなぁ”となる。大学受験に向けた勉強している間は何も言われたくない。大学合格が「作為」の結果であり、それがすべて。途中・プロセスはどうでもいい。 だから大学受験に失敗したら、這い上がれないくらい落ち込む。


みんな、器用で頭の回転が速くなった。パッと器用なことを考えて、パッとして、パッと評価されないと、“なんだよ”となる。時間をかけてじっくりやることはウケない、我慢できない。すぐに認められて、すぐに目立ちたい、すぐにマスターしたい、すぐにすごいといわれたい。やることなすこと、すべて作為的。こうして日本は「作為社会」になっていった。


そして“自意識が膨張”していく。
自意識が膨張すると、社会と相対化できなくなる。利己的、自己中心という考え方ではなく、社会は社会、私は私という考え方となる。


SMAPの歌「世界にひとつだけの花」が時代をあらわす。
No1にならなくてもいい、もともと特別なOnly One。
「世界にひとつだけの花」として、だれかに選んでもらうため、どんどん豪華にしていくが、それがだれかに選ばれる保証はない。「世界にひとつだけの花」と言っても、選択社会。2つあれば、どちらかが選ばれるのが経済・社会の原則。選ばれる「世界でひとつだけの花」もあるが、選ばれない「世界でひとつだけの花」がある。No1になれなくても、せめてOnly Oneになりたい。 Only Oneになる“可能性はあるけど、実力はない”。じゃ、なにが足りないかというと、努力。


だれかが“若くして有名になった”という話を耳にすると、“わたしもそうなれるはずだ”と思うが、そうなる”努力”が抜けている。しかし自分が有名になれなかったら、“どうしてなれない?”となる。そうなれないのは努力が足りないからなのに、あの人は親の七光りだから、だれかのお気に入りだから、選ばれたのだ、私は気に入られていないから ― となる。


努力してもそうなれない人を見ると、
“やっぱりそうでしょ。だからそんな生き方はしない”となる。これこそ、「自意識の膨張」がなせるわざ。こうして努力しなくなる。その大学に入ったら、あそこの会社に入ったら、社会に約束された「最終製品」にしてもらえる、約束された人生が待っていると信じ込もうとしたから、「努力」しなくなった。所作から作為になった社会。所作の意味を問い直す時代ではないか。


(エネルギー・文化研究所 顧問 池永寛明)


〔日経新聞社COMEMO 2月26日掲載分〕