大阪ガスネットワーク

エネルギー・文化研究

  • サイトマップ
  • お問い合わせ

CELは、Daigasグループが将来にわたり社会のお役に立つ存在であり続けることができるように研究を続けています。

  • DaigasGroup

JP/EN

Home>コラム

コラム

コラム一覧へ

2017年07月06日 by 池永 寛明

【起動篇】 「北前船」がはこんできたもの 〔2〕

   

 

「桜鯛、三月下旬より四月上旬を魚島時とふて、鯛の美味格別なるゆゑ、家毎にこれを賞美す。或人の句に、花うりがほめてゆくなり桜鯛」 (浪花十二月画譜

 

卯之花月「魚島き」。産卵のため、鯛が瀬戸内海の島々に群れをなして集まる。船場に桜鯛を贈答しあう風習があった。

 

大坂の食文化を生んだのは「市場」。

雑喉場には近海、瀬戸内や四国、九州から魚が集まる。青物市には近郊農村、畿内や西国から青果物が集まる。天秤棒の野菜・魚・豆腐を売る「行商」、大八車で「出前」「仕出し」が町家はこばれる。

 

大坂は「食い倒れ」の都市といわれた。

「天下の台所」ともいわれるように、諸国から海の幸や山の幸など旬のものが安く集まり、塩、醤油、酒など良質な調味料が近郊から調達でき、優秀な料理人たちが各地から集まり、切磋琢磨して大坂料理が進歩した

 

いのまち大坂で町人のおもてなしが高度に進んだ。

船場商人のおもてなしは来客の「お茶」にあらわれる。お茶にお菓子までついてくる。お客さまを訪ねるときに、お土産を持っていく。お客さまのことを考えに考え抜いたお土産を持参する。それは今もつづく。

大坂商人の接待はお客さまを徹底的に想い、おこなわれるそのお客さま接待「ご馳走」を担う「仕出し屋」がうまれ、のちに「料亭」となった。だから大坂の食文化が高度に深くなった。

 

しかし、大坂商人の本質は「始末」。

決して贅沢をしない。日常は「始末」。朝と夕はお茶漬け、もしくは粥とお漬物

は「一汁一菜」。お番菜とご飯。お番菜はおつゆと煮物を兼ね、昆布と鰹節、煮干しでだしをとり、野菜を炊き、「船場汁」「船場煮」などを食べた。食材を使いつくす。だから冒頭の「魚島き」を船場の人たちは心待ちし、楽しむ。これは一見贅沢に見えるが、そうではない。鯛は使いつくせるから、決して損ではない。これも「始末」。

 

これら食をささえたのは、かつては琵琶湖であった。

平安時代より北国の産物が敦賀に集められ、陸路で塩津や海津や今津にはこぶ。それを「丸子船」で琵琶湖湖送し大津へ、また陸路で・大坂にはこばれた

また若狭小浜からも鯖街道にて魚介類を京・大坂に陸送された。このように古代から畿内の都市への物資ルートであった。その琵琶湖ルートに、西廻り航路という別のルートがうまれた。

 

「出船千艘 入船千艘」

いわれるほど、大坂を船が行き来していた。

江戸と大坂を行き来する菱垣廻船や、樽廻船は安治川口に、西廻り航路の北前船は木津川口に着き、川舟(上荷船、茶船)に積み替えられ、堀川を通って大坂三郷にはこばれた。

 

とりわけ北前船の西廻り航路は蝦夷地、日本海沿岸と大坂を結びつけ、琵琶湖ルートよりも輸送コストをさげ、輸送品質を格段に高めた。その北前は蝦夷地と大坂をダイレクトにつないだのではなく、日本海、瀬戸内海の各都市、地域の生産状況とニーズをつかんで各地域に寄港し、「必要なもの安く仕入れ、必要なところで高く売る」という買い積みによって、一航路1000両(現在50001億円)の利益をあげた。

 

「北前船」は、大坂になにをはこんだのか?

全国の物産、原料を西周り航路を使い北前船が大坂に運び、大坂や京都、畿内でそれに手を加え、付加価値を創造して、その商品を全国に流通した。縦横に張りめぐらせた海路ネットワークにて上方と全国各地の都市とを繋ぎ、WINWINの関係を作りあげ、日本経済・産業を高度化した

菜種が大坂に入り、菜種油をつくり全国に出ていく。北からの?粕や干鰯などの魚肥は、上方近郊の農業生産性を高める。昆布は大坂にもちこまれ、大川沿いの菅原町、天満宮、靭公園、堀江周辺に昆布問屋仲買商、本町から道頓堀にかけて昆布加工店が並び、全国の昆布流通を担うとともに、北から来た昆布が上方の食文化を豊かにした。

 

北前船がはこんできた昆布は、上方の文化をどう変えていったのか?につづく

 

産経新聞「関西の力」を体感する「だし文化を学ぼう」講座②

 

(エネルギー・文化研究所 所長 池永寛明)

 

〔CELフェイスブック 76日掲載分改

  • ルネッセ
  • U−CoRo
  • 語りべシアター
  • NEXT21

【特集】長寿社会の歩き方

「人生100年時代」。 私たちは、かつて想定していたよりも、長い人生を送ることに...

  • 論文・レポート・キーワード検索
  • 書籍・出版
  • 都市魅力研究室
  • FACEBOOK

大阪ガスネットワーク(株)
CEL エネルギー・文化研究所

〒541-0046
大阪市中央区平野町4丁目1番2号

アクセス