CELは、Daigasグループが将来にわたり社会のお役に立つ存在であり続けることができるように研究を続けています。

エネルギー・文化研究

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 大阪ガス総合トップ
  • 大阪ガス

JP/EN

Home>コラム

コラム

コラム一覧へ

2017年04月26日 by 池永 寛明

【能源篇】 (エネルギー文化史2)かつて夜は暗かった

     

 

この10年でいちばん変わったこと ── たとえば分らないことがあると、スマホで手軽に検索する。スマホで情報が手に入ると、分かったような、できるような気がする。これまでのトレンドでは考えられないことが起こっている。

 

昔は時間をかけて色々な本を読んだり、人に教えて貰いに行ったり、資料集めたり、現地に調べに行ったりして、試行錯誤をしながら失敗からも学び、力をつけていった。このような成熟プロセスや期間があったからこそ、臨機応変に危機が乗り越えられた。画期的な技術や仕組みやビジネスモデルなどがイノベーションをおこし、社会や価値観を変えた。

 

 時代を読むということは、その時代の出来事(コンテンツ)を追いかけるだけではなく、それが生まれた背景・文脈(コンテクスト)を重ね合わせていくことである。

 

エネルギーという軸で歴史をみていくこととする。

 

かつて夜は暗かった。

50万年前、人類は火を発見した。2つの木片をこすり火をおこした。さらに火打ち石で火花をおこすという技術を生み出した。火をおこし、小枝や枝草、家畜糞などに火をうつし、暖をとり、調理をおこない、明かりを得た。人類とてつもないエポックメイキングの方法論を身につけた。これが第1のエネルギー革命だった。

 

この「火の発見」という第1次エネルギー革命は、人の生活・社会を劇的に変えた。おそらく今のIT革命以上のものだったろう。火を使う調理となったことによって細菌を殺すことができ、人が食べられる動物や、植物を飛躍的に増やした。また火でうみだした明かりによって夜でも活動することができ、寒さが凌げ、冬を乗り切れるようになった。火の発見によって人の行動は広がり、人口が急激に増えた。しかしながら、火をつくりだすために木が必要となり、人は森を伐採し、森林が衰退した。

 

お湯をあたためることができるようになった。調理をすることができるようになった。暖房することができるようになった。夜も明るくなった。そしてモノをヒトを動かすということ。

 

人は「動かす」ため、牛や馬など動物の力を利用した。効率的に動かすために車輪のついた荷車という技術を考えた。さらに水の力を使ってエネルギーをつくり、風の力を使ってエネルギーを生み出した。人は使いたいところでエネルギーをつくり動かした。まさに今でいう個別分散システムが各地域で構築されていた。自然の生態系のなかで、人はエネルギーをつくり、暮らすという時代をつくった。

 

(エネルギー・文化研究所 所長 池永寛明)

 

〔CELフェイスブック 421日掲載分改