CELは、Daigasグループが将来にわたり社会のお役に立つ存在であり続けることができるように研究を続けています。

エネルギー・文化研究

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 大阪ガス総合トップ
  • 大阪ガス

JP/EN

Home>コラム

コラム

コラム一覧へ

2017年03月27日 by 池永 寛明

【交流篇】 「もしドラを知っている人?」─ なんと5%

      

 

ここ数年、ある大学の講義でしている質問である。201011年に大ヒットしたもしドラ』─『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだらの女子学生の認知率が201375%、201450%、201525%、今年20165%(知っていると答えた学生は4回生なので実質0%)。

 

マーケティングの講義をおこなう鈴木隆研究員が最初にする質問だが、ファッション、トレンドというものの「時代速度」の速さを思い知らされる。時代・空気をつかむことの難しさを再確認させられるが、世の中を変えていくような商品コピーの認知率は高い。たとえばダイソンの「吸引力が落ちないただひとつの掃除機」の女子大生の認知率は毎年ほぼ100%。

 

もうひとつ大学の授業で気になることがある。グループワークが難しいということCELで接する大学の先生方と雑談していて、先生から「最近大学でグループワークが成り立ちにくい」とお聴きすることが増えている。

 

あるテーマを与えて、集団で討議をさせて、答えを導くようグループワークをしようとするのだが、どうしても「個人ワークとなりがち」だという。所定時間の大半で個人ワークがつづき、終了時間前にそれぞれの個人が作業したものを集めて、グループの答えとして提出される。ゲーム・スマホという時代も影響しているかもしれないが、グループワークのやり方、環境をこれまでと変えないといけないのではないだろうか?

 

(エネルギー・文化研究所 所長 池永寛明)

 

〔CELフェイスブック 1110掲載分