大阪ガスネットワーク

エネルギー・文化研究

  • サイトマップ
  • お問い合わせ

CELは、Daigasグループが将来にわたり社会のお役に立つ存在であり続けることができるように研究を続けています。

  • DaigasGroup

JP/EN

Home>コラム

コラム

コラム一覧へ

2017年03月21日 by 池永 寛明

【起動篇】 親子の対話が生まれる─近鉄上本町店企画展にて

    

 

“わたしたちのうえほんまち80年のあゆみ展”の写真を見ていて気づいたことがある。戦前、昭和初期に撮られた写真に出てこられる人々の「姿勢」がよい。すっと筋がとおった姿勢である。企画展で紹介されていた生國魂神社の祭りに参加する男性は精悍。上本町を歩く女性の着物姿は美しい。現代の猫背気味の前かがみの姿勢と比べて、その頃の日本人の姿勢は美しい。どうしてこのように日本人の姿勢は変わったのだろうか?

 

住環境・食生活の変化などが影響しているだろうが、日本人が歩く距離が短くなったということも影響しているだろう。江戸時代に2万歩だった1日当たりの歩く歩数が、現在1.3万歩と半減している。町を歩く人で姿勢の良い人が珍しくなるくらい、日本人全般に姿勢が良くない。歩くなかで体を支える筋肉がつき姿勢がよくなるといわれるが、古い写真に日本人の姿勢の良さに見入った。 

 

近鉄上本町店にて「わたしたちのうえほんまち80年のあゆみ展」が開催された。おそらく近鉄のご担当者が地元の住民、商店、企業と自治体を走りまわり声をかけ、手づくりでつくりあげたであろう地域密着型の企画展。大阪ガスもかつて上本町に営業所があったこと、今はNEXT21が上本町にあることからも、地域コミュニテイとともに発行している「上町台地今昔タイムス」を、今企画展でご紹介いただいた。

  

昭和初期、戦前、戦後、高度成長期、現在という時間軸のなか、80年のまちや人、地域の行事の変遷が住民目線で捉えられ、写真パネルの下に来場者のコメントがその場で書ける住民参加型、対話型の展示会だ。ひとつの写真に複数の記憶が重なり、新たな思い出が創出されていく。

その地域にかつて確かに存在した歴史や記憶は、地域の人が持ち寄り、地域の人々で共有することで、掘り起こされ、再起動するものなのだろう。

 

会場には想像以上に沢山の地域の方が来られているが、とりわけ親子で来られているお客さまが多く見うけられ、「あの頃はこうだったね」「そんなことがあったんだ」「このお店に、よく行ったね」などと、会場のあちこちで会話されている姿が印象的で、感動的だった。

 

当企画展の一環で出店されている堺あるへい堂さんの、天王寺蕪をはじめとする「大阪の伝統野菜をつかった飴」は好評で、「地産地消」が地域を愛する気持ち・シビックプライドを形にするものとして象徴的だ。そして、このような地域の方々と同じ目線で地域とともに共創し、地域を愛する百貨店は、すごい。

 

(エネルギー・文化研究所 所長 池永寛明

 

〔CELフェイスブック 95掲載分

  • ルネッセ
  • U−CoRo
  • 語りべシアター
  • NEXT21

【特集】長寿社会の歩き方

「人生100年時代」。 私たちは、かつて想定していたよりも、長い人生を送ることに...

  • 論文・レポート・キーワード検索
  • 書籍・出版
  • 都市魅力研究室
  • FACEBOOK

大阪ガスネットワーク(株)
CEL エネルギー・文化研究所

〒541-0046
大阪市中央区平野町4丁目1番2号

アクセス