CELは、Daigasグループが将来にわたり社会のお役に立つ存在であり続けることができるように研究を続けています。

エネルギー・文化研究

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 大阪ガス総合トップ
  • 大阪ガス

JP/EN

Home>コラム

コラム

コラム一覧へ

2017年03月20日 by 池永 寛明

【能源篇】 明石で、地域のエネルギーを考える

 

     

 

地域にとってのエネルギーをどう考えるか話すために明石を訪れた20年前は明石海峡大橋が開通する少し前で、明石駅前ビルや商業施設が新しくなった以外、明石城および魚の棚商店街などの市街地の雰囲気・様相は変わっていなかった。

 

そもそも明石は、夜になると西から明るい土地に見えるため「あかし」と呼ばれ、近畿・畿内の西の入り口に位置している。また林崎松江海岸に沈んでいる岩肌が赤く見えることから「赤石」が転じて「明石」となったともいわれている。そういういわれのなか、奈良時代に「明石」という地名がうまれた。

有名なのは平安時代に書かれた源氏物語の「須磨」「明石」の巻。光源氏栄達への転機となる「明石の君」との出会いという復活の場として、紫式部に明石が舞台に選ばれている。実に歴史的な色彩のある街だ。日本標準時の基準となる東経135度子午線(明治43年より)を通る街で有名な土地だ。

 

ともあれ20年前の1年間勤務していた海と山と明石海峡大橋のある明石で、「これからのコミュニティ・エネルギー」の話をさせていただいた。

 

エネルギーという言葉、分かるようで分かりにくい。本来、エネルギーとは「仕事をする力」のことだが、明治に入りドイツ語の「Enegie」を日本人が「燃料」と日本語訳したことが混乱の始まり(ちなみに中国では「能源」と訳した)。

資源や燃料(石炭、石油、天然ガス)をエネルギーと言ったり、発電所やガス製造所や太陽光発電などのエネルギーを作り出す「1次エネルギー」のことを言ったり、冷房・暖房・照明・給湯・蒸気・厨房など、実際に使う段階の「最終エネルギー」を指したりと、エネルギーという言葉は色々な段階で使われ混同されている。言葉は大切なのだ。

 

そんなエネルギー論で150年間を経過しているが、本当は「エネルギー・バランス・フロー」、つまり<資源→エネルギーへの変換→最終的に使うエネルギー>という流れでつかむ必要がある。

  

太陽光発電をみんなで設置して、その電気を地域のみんなで使おう、生ごみからバイオエネルギーを取り出して電気と熱に変換して地域のエネルギーとして使おうという「エネルギーの地産地消」が地域創生の文脈で話題になっているが、エネルギーをつくる→エネルギーを使うという<供給→需要>という流れで考えるのではなく、地域の人々に必要なものはなにか?それを動かすためのエネルギーはどれだけ必要なのか?←そのために地域でエネルギーをつくる・段取りするという<需要→供給>という流れ、今までとは逆の視点で考えることが大切である。

 

「エネルギーありき」を発想のスタートではなく、「地域の人々にとって必要なものはなに?」から考えよう。

 

(エネルギー・文化研究所 所長 池永寛明

 

〔CELフェイスブック 96掲載分