大阪ガスネットワーク

エネルギー・文化研究

  • サイトマップ
  • お問い合わせ

CELは、Daigasグループが将来にわたり社会のお役に立つ存在であり続けることができるように研究を続けています。

  • DaigasGroup

JP/EN

Home>コラム

コラム

コラム一覧へ

2013年01月10日 by 濱 惠介

【冬を乗り切る】太陽熱を住まいに取り込む

冬は夏よりも日差しが弱いと思われがちですが、気温が低いためそう感じるに過ぎません。実際のところ受熱面に直角に当たる太陽エネルギーは、気温に関わりなく約1kW/m2です。これを有効に取り込むことができれば、室内を暖かくすることができます。

日本の家屋は一般的に南側に主な窓と庇を設けます。夏は庇が日差しを遮り、冬は低い角度からの日差しを入れるのに好都合です。これを基本により多くの熱を獲得する方法を紹介します。

1)障子の取り外し
 
引き違いの紙障子が備わった和室では、晴れていても半分しか直射日光を入れることができません。日当たりが良い時間帯だけ障子を外してしまえば、より多くの熱を獲得できます。黒っぽい敷物を広げればより効果的で、畳が焼けるのを減らせます。網戸も僅かながら日射を遮るので、冬期は外してしまうことをお勧めします。外の景色がきれいに見えます。

2)ソーラー集熱壁
 
窓以外からも太陽熱が得られます。日当たりの良い壁に図のような装置を設けると、「ソーラー集熱壁」ができます。壁の外側に断熱ボードを配置し、34cmの空隙が残る枠を作って板ガラスで覆います。壁の上下に直径10cmほどの穴を開け、上部には換気用のファンを取り付けます。ファンを回して室内の低温部分から空気を取り込み、太陽熱で暖めて室内に戻すのです。装置の内部に熱の吸収・放出が良い金属板を並べ、全体を黒く塗ると効率が上がります。自宅に設けた2?の装置では、12月の快晴時に吹き出し温度が33℃まで上がりました。夜間の熱ロスを防ぐため、下の穴に設けたダンパー(蓋)を閉めます。

3)コンサーバトリー

本格的な太陽熱獲得装置はコンサーバトリー(建物に付設した温室)です。Conservatoryとは植物が寒さで傷まないよう保存(conserve)する場所から温室を意味するようになりました。晴れた日中は非常に暖かくなるので、室内との一体化または換気扇で内部へ熱を取り込みます。それ以外の時間帯は建具で区切り(換気扇を止め)、コンサーバトリーが外部との緩衝空間となって、熱のロスを減らします。温室を作らなくても、ガラス戸(窓)を二重化し日当たりの良い時だけ内側の戸を開くことでも、これと似た効果が得られます。

4)植木の剪定
 
エコ住宅の図解に、落葉樹が夏は日差しを遮り冬は日照が得られる、という説明があります。ところが完全に葉が落ちるのは期待より遅く、必ずしもその通りには行きません。日照を邪魔している箇所を剪定すれば、たとえ常緑樹でも確実に太陽熱を獲得できます。冬を迎える時期に、太陽の動きを観察しながら枝葉を取り除いてはいかがでしょうか。

 

  • ルネッセ
  • U−CoRo
  • 語りべシアター
  • NEXT21

【特集】持続可能な未来を考える

持続可能な社会を実現するために、 今、私たちができることは何でしょうか。 この世...

  • 論文・レポート・キーワード検索
  • 書籍・出版
  • 都市魅力研究室
  • FACEBOOK

大阪ガスネットワーク(株)
CEL エネルギー・文化研究所

〒541-0046
大阪市中央区平野町4丁目1番2号

アクセス