大阪ガスネットワーク

エネルギー・文化研究

  • サイトマップ
  • お問い合わせ

CELは、Daigasグループが将来にわたり社会のお役に立つ存在であり続けることができるように研究を続けています。

  • DaigasGroup

JP/EN

Home>コラム

コラム

コラム一覧へ

2012年11月14日 by 栗本 智代

時を超えて、タワーのまちに生き続ける娯楽の神様

今年は、まさにタワーブームに沸いた年でした。5月には、東京浅草にスカイツリーがオープン。タワーの高さは、634メートルと電波塔として世界一を誇っています。工事中の時期から、地元も観光客もまじえて見学者が絶えなかったと聞きます。私も、完成の半年前頃、「現在○○○メートル」という表示がされている工事現場に、上京ついでにわざわざ足を伸ばして見に行った一人です。スカイツリーの完成は、全国的なタワーブームに火をつけました。「スカイツリーもいいけど、まずは、わがまちのタワーに登ろう」と、各地方の高層展望タワーが改めて注目されました。

2012年のタワーイヤーに、偶然にも「通天閣」が100周年を迎えました。その日に向け、数年かけて各所のリニューアルが行われ、1つ完成する度にメディアに取り上げられたせいか周知が徹底して、週末は1〜2時間待ちと、ユニバーサルスタジオ顔負けの人気ぶりが続いています。

スカイツリーにしても、通天閣にしても、その立地、エリアが紡いできた歴史と深く関わっているのが興味深いです。

スカイツリーのある浅草周辺は、実は、明治期、展望台付タワーのはじまりの地でありました。明治20年、ハリボテの「富士山縦覧所」がつくられ、それが、大阪にも展望台ブームを呼び起こします。大阪が浅草を真似て「なにわ富士山」を生国魂神社近くに造ったかと思えば、今度は浅草側が、大阪茶屋町にできた9階建ての高層楼「凌雲閣」のネーミングだけそのまま引用して、さらに高い12階建てを、明治23年に建てています。日本初のエレベーターがお目見えしたのも、この浅草凌雲閣です。明治期から、タワーのまちであり、娯楽のまちであった浅草。今日、スカイツリーが完成したことで、まさに長い時間を隔てて、歴史と未来がつながった訳で、特に地元の人を奮起させ、元気を生む源はここにあるのではないかと思います。

 通天閣も、明治45年、新世界がオープンしたときに初代が完成します(写真)。憧れの欧米を模した盛り場・享楽の場の象徴として注目を集めましたが、火事で焼け、戦時体制で鉄材として供出され姿を消します。現在の2代目の塔が完成したのは、昭和31年。行政にほとんど頼らず、商店街の店主を中心とするキーパーソン達の熱い思いと庶民の協力により、当時のお金で3億円以上もする巨額な工事費の回収をはじめ、度重なる苦難を乗り越えてついに建った、という、史上かつてない奇跡的な出来事だったといいます。

初代創業から100年を迎えた今年。展示室も模様替えして、秀吉の茶室よろしく金ぴかになり、ビリケンさんも3代目に交代。金色をした3代目は内部が空洞になっているため、その胎内仏をイメージしてつくられた、本物の金箔で覆われた「びり金さん」が、つい最近披露されました。徹底したコテコテぶり、ユニークな発想力には脱帽させられます。恒例の干支の引継ぎ、節分の豆まき等も大阪の歳時記として続いています。

明治末期から、長年にわたって、誘客のための魅力づくりに苦労をしてきた新世界には、浅草に勝るとも劣らぬ、娯楽の神様・大衆的な盛り場の地霊が棲んでいます。通天閣はその象徴。愛されるべき大阪文化の“へそ”です。我々を楽しませてくれるソフトも含めて貴重な文化遺産として、存在の大きさを再確認したような気がしました。

 

  • ルネッセ
  • U−CoRo
  • 語りべシアター
  • NEXT21
Informational Magazine CEL

情報誌CEL

【特集】持続可能な未来を考える

持続可能な社会を実現するために、 今、私たちができることは何でしょうか。 この世...

バックナンバーを見る
  • 論文・レポート・キーワード検索
  • 書籍・出版
  • 都市魅力研究室
  • FACEBOOK

大阪ガスネットワーク(株)
CEL エネルギー・文化研究所

〒541-0046
大阪市中央区平野町4丁目1番2号

アクセス