CELは、Daigasグループが将来にわたり社会のお役に立つ存在であり続けることができるように研究を続けています。

エネルギー・文化研究

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 大阪ガス総合トップ
  • 大阪ガス

JP/EN

Home>研究所概要

研究所概要

CELが目指すもの

「豊かな暮らし」「地域の活力」「持続可能な社会」実現のために

「豊かな暮らし」、「地域の活力」、「持続可能な社会」を目指し、社会的課題の解決に向けた調査・研究を行います。その成果を発信するとともに、実現に向けた提言を行います。

基本姿勢

3つの基本姿勢

私たちは以下に掲げる3つの基本姿勢をとり続けます。

  • 1.生活者の視点、長期的視点に立つ
  • 2.理論と実践の両面からアプローチする
  • 3.多様なパートナーと協働で取り組む

取り組む研究領域

私たちが取り組む研究領域
  • 生活者
  • 地域・コミュニティ
  • 経済・産業
  • 都市のインフラ

所長あいさつ

金澤 成子

金澤 成子
(かなざわ しげこ)

大阪ガス(株)エネルギー・文化研究所(CEL)は1986年の設立以来、30年以上にわたって、企業内研究所として調査・研究と実践活動に取り組んで来ました。

近未来の生活・社会・都市の望ましい姿を生活者の視点で考え、その実現のために私たちが担うべき役割、とるべき考え方・行動等をさまざまな手段で発信するとともに、自ら実践活動を行っています。

これからも、独自の視点で新しい活動成果を生み、価値ある情報発信をしていきたいと思っています。

経歴

1989年、大阪ガス入社後、家庭用エネルギー部門で直営業、販売企画を経験。1999年に、本社供販部門で地区業務の本社集約等組織改編の政策立案後、地区総務として現場に従事。2007年に介護事業会社に出向、離職率低減に向けた人事給与制度改革を実施。2010年に帰社し、行動観察手法による社内外の業務改革、新価値創出支援に携わり、関係会社で自ら事業拡大にも従事。2018年に帰社し、ベンチャーファンドやスタートアップへの出資等全社の新規事業創出のための基盤を構築。2020年4月より現職。これまでに、関西同友会サイバー適塾、ダイバーシティ訪米調査団、経産省主催女性経営幹部育成プログラム、訪UAE女性経営幹部交流会等にも参加。