CELは、Daigasグループが将来にわたり社会のお役に立つ存在であり続けることができるように研究を続けています。

エネルギー・文化研究

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 大阪ガス総合トップ
  • 大阪ガス

JP/EN

Home>新着情報>6月27日(土)「銭屋塾 おおさか講座」で、池永顧問が「コロナ禍後社会に向け、大阪のこれからを考える」を講演します

新着情報

講演・研究会のご案内

池永 寛明

2020年06月24日

6月27日(土)「銭屋塾 おおさか講座」で、池永顧問が「コロナ禍後社会に向け、大阪のこれからを考える」を講演します

 


今週6月27日の土曜日の14時から、大阪の上本町の銭屋ホールで「銭屋塾 おおさか講座」で、池永顧問がコロナ禍後社会を、過去なんども大きな転換期を乗り越えてきた大阪の経験・記憶・歴史・文化を活かして、再起動できるかについて、講演します。池永顧問の講演に先立ち、人形芝居えびす座による「えびすかき・えびす舞 アマビエの段」を演じ、疫病退散祈願をさせていただきます。

 


コロナ禍での開催のため、上本町の銭屋ホールだけでなく、オンラインでも視聴できますので遠方からでもぜひお申込みいただきご参加いただき、コロナ禍時代を一緒に考えていきませんでしょうか?

 

【錢屋塾おおさか講座】

 

??6月27日(土)14:00-  ※参加費無料

 

大阪ガスエネルギー文化研究所 池永 寛明さんを講師に

 

「コロナ禍後社会にむけて、おおさかがいま、なにを語りかけるのか〜つつみこむ大阪文化〜」をお話しいただきます。

 

コロナ禍後社会はどうなる、どういう社会的価値観となるのか、そのなか私たちはなにをすべきか、そのなかわたしたちの先人たちはどう変革を乗り越えてきたのかを一緒に考えましょう!

 

講演の前に、人形芝居えびす座の武地座長が、コロナ禍退治に、えべっさんをお連れしますと言っていただき、「えびすかき・えびす舞 アマビエの段」を演じていただくことになりました。こちらもお楽しみに!

 

「会場参加」「オンライン参加」どちらも受付中です。皆さまのお申込みをお待ちしております。

 

会場参加: https://www.zeniyahompo.com/honkan/event/osaka627?instance_id=11118

オンライン参加: https://www.zeniyahompo.com/honkan/event/osaka627online?instance_id=11138