CELは、Daigasグループが将来にわたり社会のお役に立つ存在であり続けることができるように研究を続けています。

エネルギー・文化研究

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 大阪ガス総合トップ
  • 大阪ガス

JP/EN

Home>新着情報>上町台地 今昔フォーラムvol.13&14のドキュメント・レポート「イマジン・トーク(会場/オンライン)大阪の原点・上町台地から、ポストコロナの真の“レガシー”に迫る 災禍と祝祭を生きたモダン大阪の新星たちは、今、何を語ってくれるだろうか」(A4/16頁)を発行

新着情報

研究報告

弘本 由香里

上町台地 今昔フォーラムvol.13&14のドキュメント・レポート「イマジン・トーク(会場/オンライン)大阪の原点・上町台地から、ポストコロナの真の“レガシー”に迫る 災禍と祝祭を生きたモダン大阪の新星たちは、今、何を語ってくれるだろうか」(A4/16頁)を発行

No.

作成年月日

2020年12月25日

執筆者名

弘本 由香里
池永寛明、橋爪節也(大阪大学総合学術博物館教授)*、池田真優(現代アーティスト)*、ほか下記参照

備考

編集 弘本由香里、橋本護(B-train)*

上町台地 今昔タイムズ号外2020
上町台地 今昔フォーラムvol.13&14 Document

発行: 大阪ガス エネルギー・文化研究所(CEL)
企画・編集: U-CoRoプロジェクト・ワーキング(CEL弘本由香里、B-train橋本護・小倉昌美)

内容: 「上町台地 今昔タイムズ」vol.13&14の関連イベントとして開催した、フォーラム「イマジン・トーク(会場/オンライン) 大阪の原点・上町台地から、ポストコロナの真の“レガシー”に迫る 災禍と祝祭を生きたモダン大阪の新星たちは、今、何を語ってくれるだろうか」のドキュメント・レポート。

今回のフォーラムは、コロナ禍の中、会場とオンラインを併用して開催。「プロローグ」で、モダン大阪の新星たちが生きた時代へタイムトリップ。「イマジン・トークその1」で、橋爪節也先生に“エコール・ド・大阪”ともいうべき、当時の時代精神とアーティストが果たした役割についてお話しいただき、「イマジン・トークその2」のセッションヘ。約1世紀前の災禍と祝祭を生きた新星たちとの出会いから、視点を現在へ転じ、ポストコロナの真の“レガシー”とは何なのか、7人のオンサイト・コメンテーターの方々に地域の最前線から声を届けていただき、また若きアーティスト池田真優さんが未来への想いを語ってくださいました。
時間・空間を越えた対話を通して、未来に何を手渡していくことができるのか。過去と未来、リアルとヴァーチャルが、今ここで混じりあう、またとない場をみなさまと共有する試みとなりました。その様子を、ダイジェストでお伝えします。

日時: 2020年10月4日(土)14:00〜17:15
会場/オンライン: うえほんまち錢屋ホール/Zoom

■Scene1 プロローグ
構成 大阪ガスCEL/U-CoRoプロジェクト・ワーキング(CEL弘本由香里、B-train橋本護)
■Scene2 イマジン・トーク その1

プレゼンター 橋爪節也(大阪大学総合学術博物館教授/大学院文学研究科兼任)

■Scene3 イマジン・トーク その2
プレゼンター兼コメンテーター
  池田真優(現代アーティスト)、橋爪節也(前掲)
オンサイト・コメンテーター(オンライン&録画等で現場から)
  上田假奈代(詩人、NPO法人ココルーム代表)/小谷真功(高津宮宮司)/ 岸村修(ももに広場管理運営会会長)/吉岡徹(NPO法人出発のなかまの会、松野農園)/吉見孝信(北大江地区まちづくり実行委員会会長)/三木啓正(都市空間企画研究所代表)/宮野順子(中大江学童保育保護者会会長、武庫川女子大学准教授)
モデレーター
   池永寛明(大阪ガスCEL顧問、ナレッジキャピタル大阪・関西万博会議〜ワイガヤサロン〜座長)
ほか、ご参加のみなさま  (敬称略)

※「上町台地 今昔タイムズ」のバックナンバーやプロジェクトの歩みは、下記URLでご覧いただけます。
http://www.og-cel.jp/project/ucoro/index.html