CELは、Daigasグループが将来にわたり社会のお役に立つ存在であり続けることができるように研究を続けています。

エネルギー・文化研究

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 大阪ガス総合トップ
  • 大阪ガス

JP/EN

Home>新着情報>『地域産業政策研究(第4号)』に掲載された「精華町商工会の活動事例」を公開します。

新着情報

研究報告

奥田 浩二

『地域産業政策研究(第4号)』に掲載された「精華町商工会の活動事例」を公開します。

No.

作成年月日

2019年12月17日

執筆者名

奥田 浩二

備考

【論文タイトル】

   研究ノート 「小規模事業者の組織化活動と地域の活性化
           −精華町商工会の活動事例−」

【掲載誌】
   『地域産業政策研究(第4号)』49頁〜64頁
   編集・発行:龍谷大学京都産業学センター・地域産業政策研究プロジェクト
   2019年3月15日発行

【概要】
   国内企業の8割を占める小規模事業者は地域にとって重要な存在です。

   しかし、小規模事業者の支援の実態はあまり明らかにされていません。

   本稿では、京都府の精華町商工会で実践された小規模事業者の支援を

   通じた地域活性化活動を調査しました。

※『地域産業政策研究』発行者の許可を得て、該当部分をPDF化し掲載しています。