CELは、Daigasグループが将来にわたり社会のお役に立つ存在であり続けることができるように研究を続けています。

エネルギー・文化研究

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 大阪ガス総合トップ
  • 大阪ガス

JP/EN

Home>新着情報>特集 余暇から本暇へ

新着情報

研究報告

---

特集 余暇から本暇へ

No.

01

作成年月日

2013年07月01日

執筆者名

CEL編集室

備考

創造的な時間への転換術

余暇とは、一般に「仕事以外の、私のための時間。暇な時間」と理解される。しかし、この余暇を、たんなる暇以上の存在、たとえば、その人本来の創造性を秘めた時間と捉え、「ほん本 か暇」と呼ぶことは可能だろうか? 余暇を創造的な時間=本暇へと転換するために、有限な時間をどのように活かすべきか。本特集では、余暇、ひいては時間について再考するために、さまざまな角度から検討を加えてみる。