CELは、Daigasグループが将来にわたり社会のお役に立つ存在であり続けることができるように研究を続けています。

エネルギー・文化研究

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 大阪ガス総合トップ
  • 大阪ガス

JP/EN

Home>新着情報>From Editor

新着情報

研究報告

---

From Editor

No.

27

作成年月日

2013年03月01日

執筆者名

丹戸 裕之

備考

人はなぜスポーツをするのだろうか?
そう思うのは、私自身、自分の心と身体が、今は少し離れてしまっているように感じるからだ。子どもの頃は、考えるより前に身体が反応し、もっと自在に動けたように思う。
最近、私の周囲では、走る人が目立って増えている。大都市でのマラソン大会など、市民ランナーの晴れの舞台が増えていることもあるだろう。達成感を得ると同時に自身の限界を知る。加えて、そこで感じる緩やかな連帯感も心地よいそうだ。
高齢化の時代、人が気軽にスポーツをすることができ、それが社会参加にもつながり、健康増進に役立つのなら、それはQOL向上だけでなく、多方面での社会的コストの削減にもつながるだろう。これからは、各々の世代において、スポーツが生活の中にある時代になってほしいと思う。毎日、顔を洗うのと同じような感覚でスポーツをする。競い合うのではなく、日課のようにして、走ったり、ボールを蹴ったり投げたりする。
そのためには、地域や都市の環境整備も望まれる。緑が多い、空気のきれいなところで走りたいし、気軽に使える運動施設も欲しい。もちろんその前に、自身のライフスタイルや価値意識の転換も必要だ。人は、たぶん自分自身を取り戻すために、スポーツをするのだろうから。