CELは、大阪ガスグループが将来にわたり社会のお役に立つ存在であり続けることができるように研究を続けています。

エネルギー・文化研究

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 大阪ガス総合トップ
  • 大阪ガス

JP/EN

Home > 論文・レポート検索 > 特集 地域と時間をつなぐ−「よそ者」の役割とは

論文・レポート検索

Search

情報誌CEL

CEL編集室

2019年11月01日

特集 地域と時間をつなぐ−「よそ者」の役割とは

作成年月日

執筆者名

研究領域

カテゴリー

媒体(Vol.)

備考

2019年11月01日

CEL編集室

都市・コミュニティ
住まい・生活

コミュニティ・デザイン
地域活性化
ライフスタイル

情報誌CEL (Vol.123)

ページ内にあります文章は抜粋版です。
全文をご覧いただくにはPDFをダウンロードしてください。

移住者、訪問者、外国人……
内とは異なる価値観を持つ「よそ者」は、社会に変化をもたらす存在として、古くから大きな意味を持ってきました。
近年も地域活性の切り札として注目を集めていますが、たんに恩恵をもたらす者と捉えるだけでは不十分ではないでしょうか。
地域と時間をつなぎ、これからの姿を考えていくなかで、外の視点を持つ「よそ者」の役割を見直す。
今号では、そうした「よそ者」の可能性を検討すべく、さまざまな視点から考察を重ねます。