CELは、大阪ガスグループが将来にわたり社会のお役に立つ存在であり続けることができるように研究を続けています。

エネルギー・文化研究

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 大阪ガス総合トップ
  • 大阪ガス

JP/EN

Home > 論文・レポート検索 > 【レポート】多様・多層的な知へ挑戦する新しい学びの場の創造
−「ナレッジキャピタル大学校」体験報告

論文・レポート検索

Search

情報誌CEL

CEL編集室

2018年07月01日

【レポート】多様・多層的な知へ挑戦する新しい学びの場の創造
−「ナレッジキャピタル大学校」体験報告

作成年月日

執筆者名

研究領域

カテゴリー

媒体(Vol.)

備考

2018年07月01日

CEL編集室

都市・コミュニティ
住まい・生活

都市居住
ライフスタイル
地域活性化

情報誌CEL (Vol.119)

ページ内にあります文章は抜粋版です。
全文をご覧いただくにはPDFをダウンロードしてください。

2日間限りの開催、講義総数なんと112コマ!そんな「学びの祭典」が4月18〜19日に大阪で開かれた。
その名も「ナレッジキャピタル大学校」。
「学校や社会の枠組みを超えた新しい学びの場」づくりを目的として行われたこの大学校には、「ルネッセ」に関わる人々も多く講師として登場。
これまでにないスタイルで行われた学びのイベントをレポートする。

「ナレッジキャピタル大学校」の仕掛け人は、異業種の人々が自由に交流しながら知的創造を行える場として2013年にグランフロント大阪内の中核施設として誕生した、「ナレッジキャピタル」。その活動については本誌113号でも紹介しているが、今年で5周年を迎え、大阪発民間運営による知的創造拠点として定着した感がある。
5年の間に、中枢となる「ナレッジサロン」をはじめ「ナレッジイノベーションアワード」など多彩な活動を通した知の集積は、ナレッジキャピタルの輪郭を厚く、豊かにしてきた。そうした知の財産を生かし、2日間限りのトライアルイベントとして行われたのが「ナレッジキャピタル大学校」だ。トライアルと聞くと、小規模な試みというイメージを抱くかもしれないが、蓋を開けてみれば大がかりな「学びの場」がつくられていた。

知の集積が可能にした、真の学び

大学校のメインテーマは「真の学びは“イマジネ!!”」。“イマジネ!”は、フランス語の「想像する」を意味する言葉(imaginer)からの造語だ。中心となるのは1コマ20〜30人を定員とした100コマ超の無料講義。プログラムは「イノベーション」「科学技術」「メディア・エンターテイメント」「ベンチャー」「宇宙」「文化・歴史」「ライフスタイル」「大阪・関西」の8分野にわたり、「知性とは何か――AI時代に空海の意義を考える」「セミは、ナッツ味!?――昆虫食の魅力とは」といった、好奇心をくすぐる講義タイトルが並ぶ。技術も歴史も音楽もアートも食もAIも宇宙も生物も……。知のごった煮のようなプログラムは、「面白そう! 何が起こるのだろう?」という期待感を煽る。
講師は大学教授、起業家、美術館館長、子育て研究家、宇宙科学者、料理家、ジャーナリスト、発明家といった多彩な「専門家」がつとめるが、いずれもこれまでナレッジキャピタルの活動に関わった人々だ。100コマ超の講義を担う人材が揃っているところにも、5年にわたる分野の枠を超えた幅広い「知の集積」を見ることができる。
「OMOSIROI」をコアバリューとするナレッジキャピタルらしい、想像力をかきたてる大学校は、受講受付開始と同時に、大半の講義が満席となったという。