CELは、大阪ガスグループが将来にわたり社会のお役に立つ存在であり続けることができるように研究を続けています。

エネルギー・文化研究

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 大阪ガス総合トップ
  • 大阪ガス

JP/EN

Home > 論文・レポート検索 > 奥深いからこそ革新的なアプローチもできる能  リチャード・エマート

論文・レポート検索

Search

季刊誌CEL

CEL編集室

2016年11月01日

奥深いからこそ革新的なアプローチもできる能  リチャード・エマート

作成年月日

執筆者名

研究領域

カテゴリー

媒体(Vol.)

備考

2016年11月01日

CEL編集室

住まい・生活

ライフスタイル
その他

情報誌CEL (Vol.114)

ページ内にあります文章は抜粋版です。
全文をご覧いただくにはPDFをダウンロードしてください。

日本の伝統芸能のなかで、特に「能」を語れる日本人が果たしてどれぐらいいるだろうか。「世界最古」の古典演劇といわれる能には、実は奥深さだけでなく革新的な要素も多く存在している。
そこで40年以上能を勉強し、仕舞教士として指導を行うほか、英語で能を演じる演劇集団「シアター能楽」を立ち上げるなど、能を深く知るリチャード・エマート氏に、その歴史的な奥深さだけではない現代の能のあり方、英語能という画期的な試みなどについて伺った。

言葉ではなく、まず身体でぶつかった能との出会い

歌舞伎は観るけど能はちょっと……そんな日本人は少なくない。日本文化を代表し、その奥深さを象徴する芸能であることはわかる。しかし、能の魅力を説明しようとしてもうまく言葉にはできない。そして、ろくに何も知らないことに気づくのではないだろうか。
「歌舞伎と能の違いは、小説(散文)と詩(韻文)の違いと少し似ているかもしれませんね。小説の方がとっつきやすいし、読む人も圧倒的に多い。今、詩集を読む人は少ないけれど、詩でなければ伝えられない、深い世界やニュアンスもあるでしょう」。そう語るリチャード・エマートさんは、アメリカのオハイオ州生まれ。日本で40年以上にもわたり能の仕舞や謡、囃子を学び、あらゆる側面から能を実践してきた、希有な人物だ。現在は、日本の大学で能を中心に日本とアジアの伝統芸能を教えながら、「シアター能楽」という演劇集団を率い、英語能の制作と上演も行っている。
「能を習っている、能を勉強していると日本人に話すと、よく驚かれました。あなたに能がわかりますか?という反応です。たぶん、それは能のストーリーや謡(台詞や歌)が言葉として理解できますか?という意味なのでしょう。けれども、能はただの台詞劇ではありません。たとえばオペラがそうであるように、音楽や所作、衣装など、感動したり理解したりする方法はひとつではないのです」
言葉よりも先に、まずは身体表現や音楽表現としての能の世界に飛び込んでいった。初めて「能を演じた」のは、初来日より前の1970年。早稲田大学とも提携していたインディアナ州のアーラム大学で受けた能のゼミで、英語能『聖フランシス』のシテ方(主人公)に抜擢されたのだという。
「振付はアメリカでも有名なモダンダンサー。フルートによる笛の音もよく研究されたもので、能らしさを出そうと工夫していました。しかし今、振り返ると、あれが厳密に能と呼べるのかどうかはわかりません。私自身もその後、これほど能にのめり込むとは思っていませんでした」