CELは、大阪ガスグループが将来にわたり社会のお役に立つ存在であり続けることができるように研究を続けています。

エネルギー・文化研究

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 大阪ガス総合トップ
  • 大阪ガス

JP/EN

Home > 論文・レポート検索 > 見て、聞いて、触って楽しむ、住まいと暮らしの博物館

論文・レポート検索

Search

季刊誌CEL

CEL編集室

2016年03月01日

見て、聞いて、触って楽しむ、住まいと暮らしの博物館

作成年月日

執筆者名

研究領域

カテゴリー

媒体(Vol.)

備考

2016年03月01日

CEL編集室

住まい・生活
都市・コミュニティ

ライフスタイル
コミュニティ・デザイン
まちづくり

情報誌CEL (Vol.112)

ページ内にあります文章は抜粋版です。
全文をご覧いただくにはPDFをダウンロードしてください。

2001年にオープンした博物館「大阪市立住まいのミュージアム」は、暮らしの知恵の宝庫である。「住まいの歴史と文化」をテーマに再現した江戸期の大坂の町並みを通して、日本の居住文化を伝える意義とは何か。また、博物館が果たす役割、将来の可能性とは―。


ビル内に広がる、実物大の昔の暮らし


「大阪くらしの今昔館」の愛称で親しまれる当博物館は、大阪市北区天神橋六丁目の一角に建つビル内にある。エレベータで8階へ上り、入口から誘われるまま最上階へと進むと、展望ロビーにたどり着く。ガラス張りの窓下に広がるのは、江戸時代・天保初年(1830年代前半)の「大坂町三丁目」の町並みだ。天井に届かんばかりの火の見やぐら櫓が目を引く表通りには、風呂屋や町会所など人の集う施設や、呉服屋、薬屋、唐物屋といった商家が並び、狭い路地には裏長屋が軒を連ねている。これらが全て、実物大で再現されているのだ。
展示室は、9階が町並みを再現した「なにわ町家の歳時記」、8階は明治・大正・昭和の大阪を模型や資料で再現した「モダン大阪パノラマ遊覧」からなっている。さっと歩き見るだけならば10分とかからない広さではあるが、館内には思わず足を止めて見入ってしまうような「仕掛け」が随所に込められ、訪れる人を楽しませている。
昔の暮らしに焦点を当てた博物館がなぜ今、話題になっているのか。谷直樹館長に館内を案内していただきながら、大阪くらしの今昔館の仕掛けや魅力、また博物館が果たす役割などについてお話をうかがった。


来館者も町の住民になる


展望ロビーから町並みを眺めている時の視点は「博物館に展示物を見に来た来館者」にすぎない。しかし9階に降り、出迎えてくれる木戸門(町の境界に建てられ、防犯機能を備える木製の門)から一歩足を踏み入れると、視点は「大坂町三丁目という町を訪れた人」に変わる。「来館者には町の住民になってもらおうと考えています。この町にやってきた訪問者や、そういった人を遠巻きに眺める一般の人という役割でもいい。何らかの形で町並みに入ってもらう。そのためにも、ここでは禁止事項はほとんどありません。復元されている建物や展示品にも自由に触れてください、写真も撮ってくださいと言っています」と谷館長は笑う。
復元された町並みに置かれている展示物で、ガラスケースに収まっているものは、ただのひとつもない。