CELは、Daigasグループが将来にわたり社会のお役に立つ存在であり続けることができるように研究を続けています。

エネルギー・文化研究

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 大阪ガス総合トップ
  • 大阪ガス

JP/EN

Home > 論文・レポート検索 > 連載 食卓の喜び 第8回 マイセンのデザートテーブル

論文・レポート検索

Search

情報誌CEL

Dr.Ingrid Haslinger、山下 満智子、宇野 佳子

2011年03月25日

連載 食卓の喜び 第8回 マイセンのデザートテーブル

作成年月日

執筆者名

研究領域

カテゴリー

媒体(Vol.)

備考

2011年03月25日

Dr.Ingrid Haslinger、山下 満智子、宇野 佳子

住まい・生活

その他
食生活
ライフスタイル

情報誌CEL (Vol.96)

ページ内にあります文章は抜粋版です。
全文をご覧いただくにはPDFをダウンロードしてください。

マイセンのデザートテーブル

 

-砂糖菓子職人ツッカーベッカー-

 

 デザートは、食事の中でも最も費用のかかるものであった。砂糖は、19世紀半ばにテンサイ糖の大量生産が始まるまで、非常に高価であるがゆえに、胡椒、ナツメグ、バニラ、サフラン、オールスパイスなどのエキゾチックな香辛料や柑橘類と同様に、貴族社会において需要が多かった。ルネサンス期までのヨーロッパ貴族社会における料理の特徴は、香辛料を大量に使って、招待者に富を誇示することであった。砂糖もまた大量に使用され、今日では想像できないような料理にも使われていた。たとえば多くの料理本を著したフィリッピーネ・ヴェルサーのレシピでは、鳥のパイでさえも砂糖で甘くされていたの
であった。
 ウィーンでは、16世紀後半、砂糖菓子職人ツッカーベッカーがスペイン領オランダからやってきたことによって、砂糖菓子の技術が発達した。それまで薬剤師たちの専売であった砂糖とコンフェクト(果物やスパイスの砂糖漬け)は、ツッカーベッカーによって作られるようになった。当時の文献によれば、「ツッカーベッカーは、いろいろなことに砂糖を使う/赤や白のキャンディに/果物を煮たり漬けたりするために/あるいはドライフルーツ類や/オレンジピールやレモンピールに(中略)ツッカーベッカーは、四角や三角の形にするためにブリキを使う。そして特別な型や丸い平鍋や四角の平たい型などを持っている。ツッカーベッカーは、いろいろなものも焼く。スペインや/スウェーデンや/イギリスや/ウルム(※1)のパン/卵黄のパン/アニスのパン/ろいろな砂糖パン/プレッツェン/甘いブレッツェル/ビスケット/ひし形のパン/ナツメグ入りパン(中略)/ハーゼン・オルライン(※2)/ヒッペライン(※3)/アーモンドケーキ/マジパン(中略)それからマジパン細工の果物(中略)/タルト/マーマレード/果物のジャムの瓶詰め/果物の果汁/ティザーヌ/その他たくさんのものを作る」。
 甘いものの中で、砂糖菓子職人ツッカーベッカーが作るもの以外はすべて、「メールシュパイゼ(小麦粉を使った焼菓子)」に分類された。

(※1)ドイツ南部の都市
(※2)ウサギの耳の形をした焼菓子
(※3)棒状の空洞のクッキー