CELは、大阪ガスグループが将来にわたり社会のお役に立つ存在であり続けることができるように研究を続けています。

エネルギー・文化研究

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 大阪ガス総合トップ
  • 大阪ガス

JP/EN

Home > 論文・レポート検索 > 新旧の建物が入り混じった街並みの魅力

論文・レポート検索

Search

情報誌CEL

鳴海 邦碩

2004年06月30日

新旧の建物が入り混じった街並みの魅力

作成年月日

執筆者名

研究領域

カテゴリー

媒体(Vol.)

備考

2004年06月30日

鳴海 邦碩

都市・コミュニティ

まちづくり

情報誌CEL (Vol.69)

ページ内にあります文章は抜粋版です。
全文をご覧いただくにはPDFをダウンロードしてください。

 今からおよそ1 0 0 年前、1 9 世紀の最末期である1900年に、日本の総人口は4千万人であった。この4千万人の人々が暮らしていた地域は、江戸時代の名残を持った町や村であった。その後、日本の人口は継続的に増加し続け、その過程で、古くからの町が近代的な業務・商業中心に生まれ変わったところもあり、また新しい近代的な業務市街地や工場市街地、工場労働者のための密集住宅市街地などが形成されてきた。

 さらに交通機関の発達にともなって、郊外が生まれた。とりわけ1970年ごろからは、大都市の周辺地域に広大な住宅地が形成されてきた。そして現在の日本の人口は1億2千万人である。人口が増加した分、新しい町が増えたのである。このことを少し荒っぽくいえば、江戸時代の名残を持った町や村が3分の1、最近の郊外のようなまったく新しい町が3分の1、新旧が入り混じった町が3分の1あるということだ。それらが同時代的に存在していることを、もっと街づくりに生かすべきだと思う。

 近年、ストック再生が話題に上がるようになり、つくづく日本の都市成長が落ち着いたのだな、と思う。都市成長時代には、とにもかくにも新しいものが歓迎され、経済的な仕組みも、それを支えるようにできていた。例えば、土地つき戸建住宅では、建物には価値はなく、むしろ取り壊す費用が逆に必要とされ、もっぱら土地に価値があるとされてきた。また、マンションでは、買い換えが常識とされてきた。そうした状況を反映して、日本の建物はおどろくほど短命である。また、建築技術の進歩も目覚ましく、10年も経てば、技術的には、古い建物は陳腐化してしまう。まして50年も経てば、まったく時代遅れになっているといっても過言ではない。