CELは、大阪ガスグループが将来にわたり社会のお役に立つ存在であり続けることができるように研究を続けています。

エネルギー・文化研究

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 大阪ガス総合トップ
  • 大阪ガス

JP/EN

Home > 論文・レポート検索 >  食の流通に関わる企業の社会的責任として

論文・レポート検索

Search

情報誌CEL

(株)平和堂

2008年06月30日

 食の流通に関わる企業の社会的責任として

作成年月日

執筆者名

研究領域

カテゴリー

媒体(Vol.)

備考

2008年06月30日

(株)平和堂

住まい・生活

食生活

情報誌CEL (Vol.85)

ページ内にあります文章は抜粋版です。
全文をご覧いただくにはPDFをダウンロードしてください。

感謝の気持ちを育むための食育活動 

大きな大根が簡単に抜けました。うれしかった」、「みんなで作った料理がおいしかった」、「カボチャ嫌いの息子が自分から食べていました」。これは、(株)平和堂が実施した産地収穫食育体験ツアー参加者の声。「子どもたちの手放しの笑顔が、なんといっても一番の喜びですね」と、同社CS推進部の川上修さん。

 平和堂は、滋賀県を中心に、近畿から北陸にかけて一〇〇店以上のスーパーマーケットを展開する企業だ。同社は、食育活動に積極的に取り組むことを宣言しており、CSRの一環として全社的に取り組んでいる。それは、「食の流通に関わる企業として、生産者に感謝し、食を通じてお客様の健康を応援したい」からだという。

 同社の食育活動の柱は、「小学校が行う食育活動の支援」、「食に関する情報提供」、「地産地消」、「伝統食文化の啓発」の四つ。

 「小学校が行う食育活動の支援」活動の中の「ファイブ・ア・デイ」活動は、健康を維持するために「一日に五皿以上の野菜(三五〇g )と果物二〇〇g 以上を食べよう」というもの。

 「ファイブ・ア・デイ スーパーマーケット食育体験ツアー」では、滋賀県内の小学生を店舗に迎えて、正しい食生活のあり方や野菜・果物摂取の大切さを知ってもらう活動を実施。「ファイブ・ア・デイ 産地収穫食育体験ツアー」には、小学生の親子を招待し、産地の生産者の協力を受け、野菜や果物の収穫体験活動などを行っている。