CELは、大阪ガスグループが将来にわたり社会のお役に立つ存在であり続けることができるように研究を続けています。

エネルギー・文化研究

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 大阪ガス総合トップ
  • 大阪ガス

JP/EN

Home>CELプロジェクト>語りべシアター>語りべシアター 新刊本発刊記念公演およびチャレンジ公演を開催しました。(ご来場の御礼)

語りべシアター

語りべシアター Topへ

kataribe

語りべシアター

語りべトピックス

2018年03月31日

語りべシアター 新刊本発刊記念公演およびチャレンジ公演を開催しました。(ご来場の御礼)

 2018年3月6日(火)、アーバネックス備後町ビル3Fホールにて『地域愛を育てる物語のつくり方―語りべシアターの魅力(創元社)の発刊を記念した語りべシアター公演を開催しました。

 昼と夜の2回公演で、「神戸・居留地ものがたり」と「織田作之助の世界」を上演し、合わせて160人の参加がありました。お客さまからは「新刊本はわかりやすく、こんな本を待っていた」大変有意義な取り組みで驚いた。地元の魅力を再認識した」「感動した。ぜひ続けてほしい」などの感想をいただき、大変好評でした。 また、自治体や民間のまちづくりの担当者13人を招待し、CEL池永所長による解説講座「近畿・大阪ルネッセに向けて」も同時開催しました。

 3月16日(火)には、語りべシアターの担い手を育成するワークショップの卒業生によるチャレンジ公演も開催しました。4つの班がそれぞれ趣向を凝らした発表を行い、104人の参加がありました。

 ご来場いただき、ありがとうございました。

 平成30年度もワークショップ参加者を募集する計画です。開催は、6〜7月の予定です。