CELは、大阪ガスグループが将来にわたり社会のお役に立つ存在であり続けることができるように研究を続けています。

エネルギー・文化研究

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 大阪ガス総合トップ
  • 大阪ガス

JP/EN

Home>CELプロジェクト>語りべシアター>『地域愛を育てる物語のつくり方―「語りべシアター」の魅力』発刊のご案内

語りべシアター

語りべシアター Topへ

kataribe

語りべシアター

語りべトピックス

2018年02月06日

『地域愛を育てる物語のつくり方―「語りべシアター」の魅力』発刊のご案内

このたび、創元社より『地域愛を育てる物語のつくり方――「語りべシアター」

の魅力』を発刊するはこびとなりました。

20年以上続けております「語りべシアター」の活動を通しまして、地域の生

活者の方へわがまちの魅力やポテンシャルを伝え、誇りを持ってほしい、さらに

各地域の都市魅力創出や地域活性化への取り組みにおいて、まちにとっての

「物語」の意味・本質と可能性を再認識していただきたいとの思いを込めて、

1冊にまとめました。イラストによる語りべ作品のつくり方(ワークショップ的

な手法説明)、上演作品内容紹介制作ノート、担い手の育成や20年にわたる

活動の歩みについてのレポートの他、外部の有識者による寄稿など、ご関心に

よりどこからでも読んでいただけるよう編集しております。

関西の大型書店やAMAZONでもお求めいただけます。ぜひお手に取って

ご高覧いただければ幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

             

タイトル: 『地域愛を育てる物語のつくり方

          ――「語りべシアター」の魅力』

著者:  栗本智代

編者:  大阪ガス(株)エネルギー・文化研究所

発行所:  株式会社 創元社

発行日:  2018年1月20日付 

定価:  1200円+税

体裁:  B5判 112ページ 四色刷

 

 

<目次>

前付:ようこそ、「語りべシアター」へ

語りべシアターのつくり方 台本の書き方と上演までの手順

 

上演作品の紹介(ストーリー・制作ノート)

   大阪モダニズムものがたり、神戸・居留地ものがたり、甲子園

   ものがたり、曽根崎心中考、通天閣ものがたり、淀川ものがたり、

   織田作之助の世界、谷崎潤一郎、在原業平と芦屋、

わがまち尼崎ものがたり

 

寄稿:建物をめぐって感じる大阪の力 [倉方俊輔]

まちを耕す―《のっぺらぼう》から抜けだそう [茶谷幸治]

人情味のある言葉 [わかぎゑふ]

 

座談会 関西を支える一つの文化として、さらなる進化へ

新たな担い手・後継者の育成 ワークショップとチャレンジ公演

語りべシアター二〇年のあゆみ

おわりに:なぜ紫式部は、源氏物語を書いたのか?