CELは、大阪ガスグループが将来にわたり社会のお役に立つ存在であり続けることができるように研究を続けています。

エネルギー・文化研究

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 大阪ガス総合トップ
  • 大阪ガス

JP/EN

活動報告

語りべシアター Topへ

2012年度

2013年3月5日

「平成♪なにわの語りべ劇場2013早春inブリーゼ」

第一部「通天閣ものがたり」
第二部「谷崎潤一郎 ―― 愛と創作のジャンクション」(脚本・演出:わかぎゑふ)
(於 サンケイホールブリーゼ大ホール)

産経新聞社様との共催による、ブリーゼ大ホールでの公演。
持続可能な活動をめざし、はじめて入場を有料(1000円)としましたが、約600名のお客様にお越しいただきました。
第一部では、昨年100周年を迎えた、通天閣の歩みやエピソードを紹介しました。創業当時の写真や、平林之英さん描きおろしのイラストを使用させていただ きました。途中で紹介した「ビリケン恋歌」は、歌手の大空美樹さんが歌っており、CDが通天閣内で販売されています。ビリケンさんの声として、通天閣観光 取締役社長も参加されており、大阪らしい楽しい曲です。その他、音楽監督の発案で、全体にラテン系のナンバーを頻出させたため、陽気な盛り場としての新世 界のイメージを音楽でもお楽しみいただけたのではないでしょうか。
今回、活動の担い手を増やしていくための初めての試みとして、第二部で、作家のわかぎゑふさんとのコラボレーションで台本を制作しました。特別に役者さん も起用しての演出となり、結果、大変好評をいただきました。イラストは弓削ナオミさんに依頼しました。わかぎゑふさんによる独特の言い回しが随所に散りば められた台本はアクセントが効いており、場面に合った選曲や演奏、みやなおこさんと関秀人さんの熱演が光りました。アンケートでも、「面白かった」「贅沢で驚いた。ありがとう」「ぜひ、また来たい」という感想を多数いただきました。
今後の大きな課題の一つは、魅力的な素材を抽出して調べ上げ、台本としてまとめる作家を増やし、新作の数を倍増することです。このような制作に携わっていただける優秀かつ柔軟な人材を、若手の中からも探していきたいと考えております。その他、写真やイラスト、語り、舞台進行役など、新たな担い手も必要で す。
来年度は、さまざまな形式や場所での公演や普及活動にチャレンジしていきたいと思っております。ひき続き、ご指導ご鞭撻、よろしくお願いいたします。

 

<第一部「通天閣ものがたり」より>

(イラスト:平林之英)

語り:栗本智代

ピアノ:宮川真由美、ヴァイオリン:西村恵一、フルート:青木美江、クラリネット:長門由華、パーカッション:池田安友子

<第二部「谷崎潤一郎―愛と創作のジャンクション」>

「痴人の愛」より。ナオミ役:みやなおこ、譲治役:関秀人

佐藤春夫役:西村恵一、千代役:みやなおこ、谷崎潤一郎役:関秀人

(イラスト:弓削ナオミ)

松子役:みやなおこ、谷崎潤一郎役:関秀人

各界のプロフェッショナルの方々とのコラボレーションの醍醐味が味わえた舞台でした。
右より、わかぎゑふ、関秀人、みやなおこ、栗本智代、長門由華、宮川真由美、青木美江、池田安友子、西村恵一

ページTopへ

2013年1月8日

平成♪なにわの語りべ劇場2013inガスビル「通天閣ものがたり」

(於 大阪ガスビル3Fホール)

なにわの語りべ活動は、今後、大阪ガスの地域共創部門(CEL、近畿圏部)の取り組みとして、将来的には産官学民のそれぞれの立場の方々にもご協力・ご参画いただき、大阪・関西地域の独自の活動として持続可能な形で発信していく体制を構築していきたい、と考えております。関西の有識者やまちづくり担当者、企業のネットワークでつながっている方々に、このような構想を紹介するとともに、作品をみていただく機会をつくろうと、開催しました。200人以上の方にご参加いただき、多くの賛同や励ましの言葉を頂戴しました。

 

 

 

ピアノ:宮川真由美、ヴァイオリン:西村恵一、パーカッション:池田安友子;

ページTopへ

2012年11月18日

なにわの語りべ公演

「通天閣ものがたり」
(於 あすとホール(泉大津市) )

あすとホールは、南海本線「松ノ浜」駅前にある多目的スペースで、地元大阪に関する文化的な催しが精力的に企画・実施されています。今回、はじめてお招きいただき、泉大津市の地域の住民の方に、「通天閣」の歩みやエピソードをご紹介しました。

 

 

ページTopへ

2012年9月26日

「一火会」なにわの語りべ公演

開会を待つ会場内

「通天閣ものがたり」
(於 ホテルニューオオタニ大阪)

関西企業の秘書を中心とした勉強会でしたので、最初に、語りべ活動の趣旨や今後の計画などをお話し、作品を紹介しました。
2012年7月3日に100周年を迎えた通天閣と新世界界隈の歩みやエピソード、2代目通天閣を建てるために必死で活動した地元住民の熱い思いなどを楽しく紹介した「通天閣ものがたり」。本年度の新作・第一作目で、ここではじめてお披露目しました。

 

 

ピアノの宮川真由美さん、ヴァイオリンの西村恵一さんは、語りべ活動にはなくてはならない存在です!

ページTopへ