CELは、Daigasグループが将来にわたり社会のお役に立つ存在であり続けることができるように研究を続けています。

エネルギー・文化研究

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 大阪ガス総合トップ
  • 大阪ガス

JP/EN

Home>書籍・出版>情報誌CEL

情報誌CEL

CEL

2010.07 Vol.93「つながりの原点“家族” を問う」

 少子高齢化をはじめ産業・雇用など、社会の構造的な変化と相応性をもちながら、日本の家族の形態は大きく変容しつつあります。近代社会を支えてきた核家族をベースとしながら、増加する独居高齢世帯や母子・父子世帯。また、非親族同士で支えあう世帯もあれば、事実婚や夫婦別姓を選択する世帯も存在します。さらに、同性婚や代理出産をめぐる議論など、さまざまな家族関係のあり方が問われる時代。家族の“つながり”のあり方もまた多様化していると言えます。一方で、もっとも身近な社会でもある親族との関係が、個々の人生において物心両面で重要な意味を持つことも確かです。
 家族の多様化が言われる現在、個人および社会にとって、家や家族のつながりとはいったいどういうものであるのか。海外の事例なども参照しながら、さまざまな姿をもつ家族そのものを見つめ直し、改めてそのつながりの本質を考えたい。今回の特集では、つながりの原点としての家族に焦点を当て、その多様性を通して、社会と個人・家族のあり方を問い直していくものとしたいと考えます。

特 集
バックナンバー

お問い合わせ、お申し込みについては
大阪ガスビジネスクリエイト(株)
TEL 06-6205-4650/FAX 06-6205-4759
E-mail:CEL@ogbc.co.jp

発 行:大阪ガス(株) エネルギー・文化研究所
編 集:(株)平凡社