CELは、Daigasグループが将来にわたり社会のお役に立つ存在であり続けることができるように研究を続けています。

エネルギー・文化研究

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 大阪ガス総合トップ
  • 大阪ガス

JP/EN

Home>書籍・出版>情報誌CEL

情報誌CEL

CEL

2010.03 Vol.92「日々の暮らしから考える生物多様性」

  「生物多様性」は、生物の種や遺伝子、生態系の豊かさやつながりなどを包含する概念。2010年10月に生物多様性条約の第10回締約国会議(COP10)が名古屋で開催されることもあり、現在、日本国内でも、その保全と持続可能な利用などについての関心が高まりつつあります。その一方で、この生物多様性の問題は、ともすると生活者の日々の暮らしから離れたところで議論されがちだとも言えるでしょう。
 生物多様性は、私たちのいのちを支え、日々の生活に豊かな恵みをもたらし、さらにはすべての生命や地球環境の維持にもかかわってくる重要な問題。今回の特集では、この生物多様性がもつ本質的な意味を追いながら、その現状や課題、保全に向けての取り組みなどについて、できるだけ身近な暮らしの延長線上でとらえなおしていきたいと考えます。

特 集
バックナンバー

お問い合わせ、お申し込みについては
大阪ガスビジネスクリエイト(株)
TEL 06-6205-4650/FAX 06-6205-4759
E-mail:CEL@ogbc.co.jp

発 行:大阪ガス(株) エネルギー・文化研究所
編 集:(株)平凡社