CELは、大阪ガスグループが将来にわたり社会のお役に立つ存在であり続けることができるように研究を続けています。

エネルギー・文化研究

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 大阪ガス総合トップ
  • 大阪ガス

JP/EN

Home>新着情報>奈良県橿原市の広報誌でCOOL CHOICE(賢い選択)を訴える

新着情報

マスメディア活動

当麻 潔

2017年07月01日

奈良県橿原市の広報誌でCOOL CHOICE(賢い選択)を訴える

年月日

2017年06月30日

担当者

当麻 潔

備考

地球温暖化が進んでいます。このまま温暖化が進むと、異常気象が起き、健康や農作物被害も生じます。

2015年、すべての国が参加する形で2020年以降の温暖化対策の国際的な枠組み「パリ協定」が

採択されました。

日本は、2030年に向けて温室効果ガス排出量を26%削減(2013年度比)する目標を掲げてます。

この目標の達成のため、省エネ・低炭素型の製品・サービス・行動など、温暖化対策に資する

あらゆる「賢い選択」をしていこうと国民運動「COOL CHOICE」を進めています。

このたび奈良県橿原市が7月の広報誌で、この「COOL CHOICE」の特集を組み、橿原市民に

地球温暖化対策の必要性と実行を周知することになりました。

その特集の中で、当麻研究員が、NPO法人奈良ストップ温暖化の会の副理事長として、

地球温暖化の解説とこれから具体的にどうすれば良いのかを語っています。

 


(4.2MB)