CELは、大阪ガスグループが将来にわたり社会のお役に立つ存在であり続けることができるように研究を続けています。

エネルギー・文化研究

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 大阪ガス総合トップ
  • 大阪ガス

JP/EN

Home>新着情報>シンガポール「ジャパン・クリエイテイブ・センター(JCC)」設立10周年記念事業に、栗本研究員が登壇します。

新着情報

講演・研究会のご案内

栗本 智代

2019年09月19日

シンガポール「ジャパン・クリエイテイブ・センター(JCC)」設立10周年記念事業に、栗本研究員が登壇します。




JCC設立10周年事業の一環で、10月に開催される文楽公演のプレイベントに、

  日本に関心のあるシンガポール人を対象に、「文楽の魅力とその舞台」と題して栗本智代研究員が登壇します。

  文楽が育った土壌としての大阪・上方の魅力やエピソード、文楽が継続する契機となったもっとも代表的な

  作品「曽根崎心中」を、「語りべシアター」の形式をまじえながら効果的に紹介します。同時に、日本の伝統

  文化の維持・発展を含めた地域共創への姿勢、地域資源の活用や文化の受発信のあり方を、ともに考えていた

  だく機会となれば、と考えています。

JCCは、2009年に日本の情報・文化・テクノロジーを発信する基地として、日本とシンガポール政府

合意により設立。シンガポールの人に日本の文化を伝える活動を行っています。

現在、シンガポールの?島屋に、PRのバナーが展示されています。(写真参照) 

現地で、お知り合いの方、ご興味のある方がいらっしゃいましたら、ぜひご紹介、よろしくお願いいたします。

 

  主催: ジャパン・クリエイティブセンター

  日時: 2019年9月25日(木) 19:00〜20:30

           9月26日(金) 18:30〜20:00

             

  場所:  日本人会オーディトリウム (キャパ200人)・・・25日 

      Japan Creative Centre内 小ホール(キャパ50人)・・・26日

 

  講演および語り・総合監修: 栗本智代(大阪ガス エネルギー・文化研究所)

  ピアノ・音楽監督    :  宮川真由美

  篠笛          : 未波 (シンガポール在住・能パフォーマー)

 

  入場料: 無料 ただし、事前申し込みが必要

 

  詳細・申込みはこちらまで。

https://www.sg.emb-japan.go.jp/JCC/invite_narrative_bunraku_2019.html