CELは、大阪ガスグループが将来にわたり社会のお役に立つ存在であり続けることができるように研究を続けています。

エネルギー・文化研究

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 大阪ガス総合トップ
  • 大阪ガス

JP/EN

Home>新着情報>大和大学 政治経済学部 実学講座「キャリア研究1」にて講義

新着情報

講演・研究会のご案内

池永 寛明

2017年12月20日

大和大学 政治経済学部 実学講座「キャリア研究1」にて講義

大和大学 政治経済学部 実学講座「キャリア研究」にて、「これから社会はどうなる。これからいかに考動すべきか」をテーマに講義

開催内容

   

 

主催 大和大学
日時 1220() 13:1014:30
場所 大和大学 政治経済学部
講義タイトル  「これから社会はどうなる。これからいかに考動すべきか。」
内容】 
 今後、社会はどのような変化をとげるのか、その変化の構造・メカニズムはなにか、これからいかに考え、行動すればよいか。

日本的なるもの」の核心、日本社会の変化とそれがもたらしている課題、都市・地域の産業・経済の歴史的変化を大阪の1500年の流れを例に考える。

 来るべき日本社会の「超高齢・単身社会」「就業クライシス時代」における大きな変化と生じる問題、それを引き起こす課題、こうした事態にいかに対応すべきかを講義。

 大学生向けに、社会において必要な考え方として「問題(trouble)と課題(problem)のちがい」を紹介。目に見えている「問題」への対症療法ではなく、問題という現象をひきおこす「課題(problem)」を解決(根治療法)することが必要であり、troubleなのかproblemなのかのちがいを峻別して欲しいことをお話しした。

 

講義の様子が大和大学サイトに掲載されています。

http://www.kankakuyamato.com/blog/20171220.html