CELは、大阪ガスグループが将来にわたり社会のお役に立つ存在であり続けることができるように研究を続けています。

エネルギー・文化研究

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 大阪ガス総合トップ
  • 大阪ガス

JP/EN

Home>新着情報>大阪成蹊大学にて「神山プロジェクト報告」のコーディネーターとして講演

新着情報

講演・研究会のご案内

池永 寛明

2017年12月13日

大阪成蹊大学にて「神山プロジェクト報告」のコーディネーターとして講演

大阪成蹊大学主催の「マネジメント学部 特別セミナー」にて、 「 Kamiyamaから学ぶ 先進的マネジメント」をテーマにコーディネーターとして参加

開催内容

   

 

主催 大阪成蹊大学 マネジメント学部
日時 1213() 14:3017:00
場所 大阪成蹊大学 相川キャンパス 特別会議室1
講演タイトル 「Kamiyamaから学ぶ 先進的マネジメント」創造的マネジメントスキル学習プログラム

内容】 
地方創生のモデル地域、働き方の新たな可能性を切り拓く徳島県の神山町で、いまなにがおこっているのか?神山プロジェクトはどうなっているのか?地域経営のあり方を考える特別セミナーがNPO法人グリーンバレー大南信也理事長をお招きして、大阪成蹊大学マネジメント学部で開催された特別セミナーにて、コーディネーターつとめた。

大南理事長の講演および現地に行かれた学生たちの報告および池永所長のコメントプレゼンテーションのあと、大南理事長と学長、副学長、先生方、学生さん、企業関係者が入り、これからの社会に向けた積極的なパネルディスカッション行われた。

 

セミナーの様子が大阪成蹊大学HPに掲載されています

http://univ.osaka-seikei.jp/news/389