CELは、大阪ガスグループが将来にわたり社会のお役に立つ存在であり続けることができるように研究を続けています。

エネルギー・文化研究

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 大阪ガス総合トップ
  • 大阪ガス

JP/EN

Home>新着情報>エネルギー・環境勉強会にて講演

新着情報

講演・研究会のご案内

池永 寛明

2017年12月07日

エネルギー・環境勉強会にて講演

大阪ガス エネルギー事業部主催の「エネルギー・環境勉強会」にて、 「これから社会はどうなる。これからいかに考動すべきか」をテーマに講演

開催内容

   

 

主催 大阪ガス エネルギー事業部
日時 127() 16:3017:40
場所 大手町ファーストスクエアカンファレンス(東京都千代田区)
講演タイトル  「これから社会はどうなる。これからいかに考動すべきか。
           ─内×外、過去×現在を繋ぎ、選ばれるための“ルネッセ(再起動)”戦略を考える」
内容】 
人生100年、人口減少、超高齢・少子、二極化・多極化、多文化、人工知能、シンギュラリティ、ミニマリズム、インバウンドなど、いま世の中・社会はどうなっているのか、これからの社会、産業、暮らし、まち、コニュニティはどうなっていくのか?これらをどう読み解き、基本潮流をどうつかんだらいいのか?
古代より圧倒的日本の中心であった畿内・上方はどのようにして歴史的に形成され、これまでどう変遷してきたのか?この地の本質はなにか?近畿の地盤沈下というが本当にそうなのか?をたどりながら、日本と近畿・上方のこれからの社会はどうなっていくのか、その構造を読み解き、真の課題である「適合不全」をどう考え、なにをなすべきかについて、東京地区の企業の方々を中心に180名の方々への講演・質疑応答がおこなわれた。