CELは、Daigasグループが将来にわたり社会のお役に立つ存在であり続けることができるように研究を続けています。

エネルギー・文化研究

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 大阪ガス総合トップ
  • 大阪ガス

JP/EN

Home>新着情報>『都市住宅学(第107号)』に掲載された「ウェルビーイングの実現へ:居住者の価値観・ライフスタイルという観点から」を公開します。

新着情報

研究報告

弘本 由香里

『都市住宅学(第107号)』に掲載された「ウェルビーイングの実現へ:居住者の価値観・ライフスタイルという観点から」を公開します。

No.

作成年月日

2019年12月26日

執筆者名

弘本 由香里

備考

【論説タイトル】

「ウェルビーイングの実現へ:居住者の価値観・ライフスタイルという観点から」

【掲載誌】
『都市住宅学』第107号(2019年10月31日発行)
特集:「これからの都市居住―機能の集約と居住の誘導」 P39〜43
発行:公益社団法人都市住宅学会
編集:都市住宅学会編集委員会

【概要】

「コンパクト+ネットワーク」の都市像が標榜されるなか、生活を営む当事者のウェルビーイングを中心に置き、求められる都市像へアプローチする。大阪ガスエネルギー・文化研究所(CEL)で取り組んできた共同研究の成果や情報誌CELでの発信を手掛かりに論説。