CELは、大阪ガスグループが将来にわたり社会のお役に立つ存在であり続けることができるように研究を続けています。

エネルギー・文化研究

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 大阪ガス総合トップ
  • 大阪ガス

JP/EN

Home>新着情報>ルネッセセミナー第1回 「ドイツと日本のまちづくりを考える(地域コミュニティ編)」の概要レポートを掲載。

新着情報

研究報告

池永 寛明

ルネッセセミナー第1回 「ドイツと日本のまちづくりを考える(地域コミュニティ編)」の概要レポートを掲載。

No.

作成年月日

2017年07月27日

執筆者名

池永 寛明
高松平藏*、 朝原宣治

備考

編集: 弘本由香里、橋本護*   *印は社外パートナー

タイトル:

   ルネッセセミナー第1回 概要

   ドイツと日本のまちづくりを考える(地域コミュニティ編)

 

開催日時: 

   2017年6月5日(月)10:00〜12:30

開催場所: 

   CEL都市魅力研究室(グランフロント大阪)

 

講  師: 

  高松平藏(ジャーナリスト、ドイツ在住)

パネリスト:

  朝原宣治(大阪ガス 近畿圏部 マネジャー)

  池永寛明(大阪ガス エネルギー・文化研究所 所長)

 

趣  旨: 

   エネルギー・文化研究所(CEL)は一歩先からの視座・知見を導き出し、都市・地域戦略、まちづくり、企業戦略づくりに資する「理論と実践活動」をすすめています。

複合的かつ輻輳化する現代社会の課題に対して、過去と現在・未来、内と外をつなぎなおし、新たなことと異なるものを掛け合わせ、都市・地域が持っていた「本質」をルネッセ(再起動)させ、日本社会の成長につなぎたいと「ルネッセ活動」をスタートさせました。

第一弾として、ドイツ在住のジャーナリスト高松平藏氏にお越しいただき、ドイツの地方都市の戦略とその核のひとつ「地域総合クラブ」のあり方についてお話をうかがい、留学経験のある近畿圏部の朝原宣治マネジャーとエネルギー・文化研究所の池永寛明所長をパネラーに、多様なステークホルダーのみなさまを交えてクロストークをおこないました。

 

同セミナーの内容を、4ページにまとめた概要レポート(PDF)を掲載いたします。