CELは、大阪ガスグループが将来にわたり社会のお役に立つ存在であり続けることができるように研究を続けています。

エネルギー・文化研究

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 大阪ガス総合トップ
  • 大阪ガス

JP/EN

Home>新着情報>【起・企業最前線】レポート第三弾 「九州大学熊野准教授に聞く “大学における起業家教育の実践”」を発行しました。

新着情報

研究報告

奥田 浩二

【起・企業最前線】レポート第三弾 「九州大学熊野准教授に聞く “大学における起業家教育の実践”」を発行しました。

No.

作成年月日

2017年05月23日

執筆者名

奥田 浩二

備考

【起・企業最前線】は、地域における起業・企業活動から地域活性化の鍵を探るシリーズです。

 


【起・企業最前線】第三弾

 

  九州大学熊野准教授に聞く
  “大学における起業家教育の実践”

 

 

〈概要〉

 

本稿では、大学における起業家教育について考えます。

 


九州大学の熊野准教授が行ってきた大学での起業家教育の実践を時系列に追い、大学における起業家教育のあり方を読み解きます。
 

 

起業に関連する内部・外部の力を「組織化」していくその活動は、大学のみならず多くの機関にとって重要な示唆となります。

 

 

目次

 

1.はじめに

 

2.熊野の略歴と時代背景

 

3.「ベンチャー起業家社会の実現」を目指す

 

4.同志社大学での活動

 

5.崇城大学での活動

 

6.九州大学での活動

 

7.おわりに