CELは、大阪ガスグループが将来にわたり社会のお役に立つ存在であり続けることができるように研究を続けています。

エネルギー・文化研究

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 大阪ガス総合トップ
  • 大阪ガス

JP/EN

Home>新着情報>大学ゼミ合宿において超高齢社会での住宅建築の重要性など講演

新着情報

研究報告

遠座 俊明

大学ゼミ合宿において超高齢社会での住宅建築の重要性など講演

No.

作成年月日

2017年05月08日

執筆者名

遠座 俊明

備考

   

 

 奈良県明日香村にある関西大学飛鳥文化研究所にて4/22行われた神戸大学、摂南大学、関西大学建築設備・都市環境系合同ゼミ合宿において、大学院生と研究室に配属が決まった4回生計約30名に対し、今後の社会、職業や社会人になるにあたっての心構えなどの講演を行った。

 

建築系学生の視点から「少子高齢化する今後の日本社会とライフ・キャリアデザインを考える」と題して、

①単身世帯の増加やダブルケア問題など少子高齢社会の今後について、②建設業界の人手不足・高齢化の現状とそれへの対応としてのICT活用例、③国が高齢者のケアについて地域包括ケア=施設から在宅(地域)で行う施策に大転換したことによる住宅建築の役割および、地域を支える互助などの社会基盤づくりの必須化 等の話を行った。 

 

超高齢社会の住宅建築

高齢者の生活が不活発にならないような住宅づくりが求められている。

全国の交通事故死者が4千人を下回ったのに対し、住宅内で不慮の事故死は多く、特に寒い浴室周りでの温度変化による血圧変化で倒れて亡くなっている人の数は2万人にのぼっている。亡くならずとも脳卒中などの後遺症で麻痺や認知症に進むケースもあり、介護負担の増大抑止のために温度のバリアフリーは重要になっている。

認知症など要介護状態にならないようにするためには、できるだけ活動的な生活をすることが推奨される。

1015人の12年間にわたる追跡調査では、冬暖かい家(18℃以上=活動的な住環境)と寒い家に住む高齢者との要介護状態になるまでの期間が4年以上違ったという。

しかし、物理的には完全なバリアフリーではなく、家内に明確な段差があり適度の負荷がある住宅の方が望ましい。

 

要介護状態になることで介護保険や税金も含めると一人年200万円近くが費やされる。

本人や家族の幸せだけでなく、国や地方自治体の財政面でも超高齢社会での住宅建築の果たす役割は非常に大きくなっている。

  

講演後、夜遅くまで及んだ学生との交流会では、きつい・休みが取れないと言われる建設業界ではあるが、現場に出てモノづくりをしたいとの学生が少なからず居ることがわかり、頼もしく、また心強く感じられた。