CELは、大阪ガスグループが将来にわたり社会のお役に立つ存在であり続けることができるように研究を続けています。

エネルギー・文化研究

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 大阪ガス総合トップ
  • 大阪ガス

JP/EN

Home>新着情報>上町台地 今昔タイムズ vol.13「“超時空遺産”上町台地 博覧会時代 モダン大阪に煌めいた 若き才能たちの光跡」を発行

新着情報

新着情報

弘本 由香里

2019年11月27日

上町台地 今昔タイムズ vol.13「“超時空遺産”上町台地 博覧会時代 モダン大阪に煌めいた 若き才能たちの光跡」を発行

上町台地 今昔タイムズ vol.13  2019秋・冬号
「“超時空遺産”上町台地 博覧会時代 モダン大阪に煌めいた若き才能たちの光跡」

発行: 大阪ガス エネルギー・文化研究所(CEL)
企画・編集: U-CoRoプロジェクト・ワーキング(CEL弘本由香里、B-train橋本護・小倉昌美)


本号のテーマは「“超時空遺産”上町台地
博覧会時代 モダン大阪に煌めいた若き才能たちの光跡」。前号「上町台地から見はるかす博覧会“百年の計”で築いた大阪とは」の続編ともいえる内容です2020年の東京オリンピックや2025年大阪・関西万博を前に、後世に何を遺すのか“レガシー”が問われているなか、20世紀の曙から始まった、上町台地 博覧会時代に再び注目し、忘れてはいけないエポック、埋もれていた人物のエピソードをはじめ、若き才能たちの煌めく光跡をたどり、“超時空遺産”として再評価を試みています。

本号が前号とともに、未来を拓く履歴書として、これまでの百年を振り返り、これからの百年を考える、さまざまな議論の場で活用いただけることを願っています。

※同タイムズのバックナンバーを含む、U-CoRoプロジェクトの全コンテンツは、下記URLでご覧いただけます。
http://www.og-cel.jp/project/ucoro/index.html



U-CoRoプロジェクト/上町台地 今昔タイムズ vol.13