CELは、大阪ガスグループが将来にわたり社会のお役に立つ存在であり続けることができるように研究を続けています。

エネルギー・文化研究

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 大阪ガス総合トップ
  • 大阪ガス

JP/EN

Home>新着情報>高齢社会2030を考える会 第4回(11/15)開催のお知らせ

新着情報

新着情報

遠座 俊明

2019年10月15日

高齢社会2030を考える会 第4回(11/15)開催のお知らせ

高齢社会2030を考える会 第4回の開催について

 エネルギー・文化研究所では、超高齢化が進む中、 “人とまちのウェルビーイング”について考え、持続可能な社会づくりに向けて今取り組まなければならないこと の検討を行う“高齢社会2030を考える会”を4半期ごとにシリーズで開催しています。

 第4回は「“シニアも支える地域”へ…自治体と市民の新たなチャレンジ」と題し、地域で活躍されている行政、NPO、事業者の方々に登壇していただき、それぞれの立場から実践活動についてのお話を伺います。

 自治体のまちづくりや健康・福祉政策の担当者、大学の研究者、企業やNPO等でCSRや高齢社会の地域課題に取り組んでおられる方々にぜひご参加いただき、高齢社会2030年のデザインについて一緒に考えていきたいと思います。

 担当:遠座


高齢社会2030を考える会 第4回 「“シニアも支える地域”へ…自治体と市民の新たなチャレンジ」
日時:2019年11月15日(金) 17:30〜19:30
場所:梅田グランフロント 大阪ガス エネルギー・文化研究所 都市魅力研究室
「主婦発想で考える 多世代市民と地元企業の巻き込み方」
  NPO法人住まいみまもりたい 理事長 吉村悦子さま
「自治体が考える 市民力を活かした超高齢社会の協働」
   宝塚市健康福祉部安心ネットワーク推進室地域福祉課 課長 守川武広さま
「超人手不足の介護業界 元気高齢者を支えて側に変える」
   聖隷福祉事業団宝塚せいれいの里ケアサービス課 課長 赤井祐さま
「“健康・生きがい就労トライアル”実践活動で見えてきたこと」
   大阪ガス エネルギー・文化研究所 研究員 遠座俊明


参加費は無料ですが、事前登録が必要です。(先着順50名)
申し込み、問合せ先:担当 遠座(おんざ)
   参加登録受付メールアドレス:onza@osakagas.co.jp
 
チラシをご参照ください。


(1.1MB)