CELは、大阪ガスグループが将来にわたり社会のお役に立つ存在であり続けることができるように研究を続けています。

エネルギー・文化研究

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 大阪ガス総合トップ
  • 大阪ガス

JP/EN

Home>新着情報>高齢社会2030を考える会第2回(5/28)開催のお知らせ

新着情報

新着情報

遠座 俊明

2019年04月25日

高齢社会2030を考える会第2回(5/28)開催のお知らせ

高齢社会2030を考える会第2回の開催について

 エネルギー・文化研究所では、かつて我が国が培ってきたものも再考しながら、人とまちのウェルビーイング”について考え、持続可能な新しい“縁”社会に向けて今取り組まなければならないことの検討を行う“高齢社会2030を考える会”を4半期ごとにシリーズで開催しています。この会では、講師の一方的な講演ではなく、参加者と講師とのディスカッションによる双方向で多面的な議論を行いたく思っています。

 第2回は“認知症 それがどうした!と笑い飛ばせる地域社会の未来”と題し、認知症の方も活躍するまちづくりの実践的研究に取り組んでおられる京都橘大学の小川教授を講師にお招きします。

 自治体のまちづくりや健康・福祉政策の担当者、大学の研究者、企業やNPO等でCSRや高齢社会の地域課題に取り組んでおられる方々にぜひご参加いただき、高齢社会2030年のデザインについて一緒に考えていきたいと思います。

 担当:遠座