CELは、大阪ガスグループが将来にわたり社会のお役に立つ存在であり続けることができるように研究を続けています。

エネルギー・文化研究

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 大阪ガス総合トップ
  • 大阪ガス

JP/EN

Home>新着情報>上町台地 今昔タイムズ vol.12 「上町台地から見はるかす 博覧会“百年の計”で築いた大阪とは」を発行

新着情報

新着情報

弘本 由香里

2019年03月26日

上町台地 今昔タイムズ vol.12 「上町台地から見はるかす 博覧会“百年の計”で築いた大阪とは」を発行

上町台地 今昔タイムズ vol.12  2019春・夏号
「上町台地から見はるかす 博覧会“百年の計”で築いた大阪とは」

発行: 大阪ガス エネルギー・文化研究所(CEL)
企画・編集: U-CoRoプロジェクト・ワーキング(CEL弘本由香里、B-train橋本護・小倉昌美)

要旨: 

19世紀から20世紀へ、産業・社会の大転換期を象徴する博覧会が、大阪・上町台地で開催されました。「第五回内国勧業博覧会」、その内容・規模ともに明治維新以来の同博覧会とは一線を画すものでした。産業振興や教育、消費文化の普及に留まらず、百年の計で都市・大阪の近代化、再起動を目論み、その後の「大大阪」に至る、グランドデザインが背景にありました。博覧会が残したものは何なのか、消えたものは何なのか、上町台地から見はるかせば、次なる百年の計へと眼差しが向かいます。


未来の都市と暮らしのイメージを、実物大で出現させ、何百万、何千万もの人が、驚きや憧れや理想を共有する。博覧会は、人々の心をつかみ、産業・技術の振興、平和、地域の発展、災禍からの復興等を推し進める装置として、20世紀を造形してきました。大阪でも数多の博覧会が行われてきましたが、上町台地での開催件数は群を抜いています。この地が大阪の都市形成史の中で、未来を揺籃する境界域・結節点としての役割を担い続けてきたのだとすれば、今改めてその役割が問われます。


※同タイムズのバックナンバーを含む、U-CoRoプロジェクトの全コンテンツは、下記URLでご覧いただけます。

http://www.og-cel.jp/project/ucoro/index.html


U-CoRoプロジェクト/上町台地 今昔タイムズ vol.12