CELは、大阪ガスグループが将来にわたり社会のお役に立つ存在であり続けることができるように研究を続けています。

エネルギー・文化研究

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 大阪ガス総合トップ
  • 大阪ガス

JP/EN

Home>新着情報>上町台地 今昔タイムズ vol.11 「足下に眠る“上町台地バレー” まちづくりの魁・ものづくりの都が姿を現す」を発行

新着情報

新着情報

弘本 由香里

2018年11月20日

上町台地 今昔タイムズ vol.11 「足下に眠る“上町台地バレー” まちづくりの魁・ものづくりの都が姿を現す」を発行

上町台地 今昔タイムズ vol.11 2018 秋・冬号
「難波宮前夜から天下の台所を経て大大阪とその後へ
 足下に眠る“上町台地バレー” まちづくりの魁・ものづくりの都が姿を現す」

発 行:    大阪ガス エネルギー・文化研究所(CEL)
企画・編集: U-CoRoプロジェクト・ワーキング(CEL弘本由香里、B-train橋本護・小倉昌美)

要 旨: 都市考古学のフロンティアとしての大阪・上町台地。高度に開発された大都市の地面の下を、少しずつ丹念に探り続けてきた発掘調査の積み重ねが、今、文字通り埋もれていた都市大阪の原風景を目覚めさせ始めています。古墳時代に潜れば、上町台地の谷々に、最先端のものづくりの工房が集積する眺めに息を呑みます。近世・天下の台所を訪ねれば、技術と文化が連鎖する高密なものづくりの都であったことに気づかされます。未来のまちづくりの魁が垣間見えるようです。

※同タイムズのバックナンバーを含む、U-CoRoプロジェクトの全コンテンツは、下記URLでご覧いただけます。
http://www.og-cel.jp/project/ucoro/index.html

 


U-CoRoプロジェクト/上町台地 今昔タイムズ vol.11